抜歯即時インプラント

こんにちは、及川です。

今回の患者さんは、真岡市からお越しの60歳代の男性で、右下大臼歯1本と左下小臼歯1本大臼歯1本

計3本のインプラント埋入を行いました。

3本中2本は普通にインプラント埋入で行えるのですが、左下小臼歯部分は抜歯をして

直ぐにインプラントを埋入しないと骨がなくなってしまい、埋入できない可能性があることを

事前のCTレントゲン(立体映像レントゲン)で診断してあったので、慎重に歯の周囲骨を温存するよ

うに抜歯を行いました。

その後、抜歯部の根元の炎症部分を清掃消毒を行い事前にコンピュータで制作しておいたインプラント

埋入用の外科装置を使用して、シュミレーション通りの位置にインプラント埋入を行い骨を増やすGBR

法も併用、減張切開(歯肉を伸ばす方法)も行いインプラント部分が完全閉鎖するように縫合を行い終

了となりました。

抜歯を先にして歯肉が治るのを待っていると、抜歯した骨の部分は必ず痩せてしまいます。

そうするとインプラントが出来なくなってしまうか、行うのがかなり困難になることがあります。

この抜歯即時インプラントを行う事により、抜歯後の骨の部分を利用して骨を増やすことができるの

で、とても患者さんには有効な方法だと思います。

このようにいろいろなインプラント技術を駆使して、より確実で期間短縮インプラント治療が提供でき

ればと考えております。

 

 

GBR法による骨再生(骨増生)インプラント

こんにちは、及川です。

今回の患者さんは、茨城県さくら市からお越しの60歳代の男性です。

数年前にも左下2本の大臼歯にインプラント治療を行い、具合良く食べる事が出来ていましたが

今度は右下の大臼歯2本が歯根破折してしまい、抜歯になり再度インプラントを希望したため

今回のインプラントとなりました。

この患者さんは、噛む力が非常に強くそして硬いものが好きなために今回で3回目の歯根破折となりま

す。

人間の硬いものを噛む習慣はなかなかやめる事が出来ないようで、そのような方には注意を促すのです

が、ほとんどの方がやめる事が出来ずに続けてしまうようです。

そうすると結果として歯根破折を繰り返してしまう結果となり、歯を1本ずつ失う結果につながってし

まいます。

今回のインプラントは、歯根破折後その破折部から感染し骨が感染により吸収を起こしてしまったため

にGBR法という骨再生(骨増生)を同時に行いインプラントを埋入するという技法を行いました。

硬いものを噛んでいた患者さんは、その刺激により骨が硬くなっているので骨が再生しにくい特徴があ

るため、骨再生後6か月ほど十分待つ必要性があります。

このように、その患者さんに最も合った骨再生治療を提案してインプラント治療を行っていきますので

安心してご来院ください。

 

 

新年のご挨拶

IMG_2708明けましておめでとうございます、及川です。

2019年も皆様の口腔環境改善のために、スタッフ一同最新で最良の歯科治療を提供できるように

努力していきたいと考えております。

今年も及川歯科医院をどうぞよろしくお願いします。

写真は当院の副院長が華道の先生もしているので、お正月バージョンで生けていただいたものです。

お正月らしく綺麗ですので来院の際に見てください。

忘年会

IMG_2687こんにちは、及川です。

12月29日午後に大掃除を行い、忘年会を益子町のアマノさんで開催しました。

おいしい料理をいただき、ビンゴゲームで盛り上がり、みんなで1年間の労をねぎらいました。

最後にみんなでハイポーズ。

今年来院していただいた患者様、来年も及川歯科医院をどうぞよろしくお願いします。

オールオン6インプラント

こんにちは、及川です。

今回の患者さんは、茂木町からお越しの60歳代女性の方です。

上の歯が殆どぐらぐらなために、「全部抜いて総入れ歯にしないといけない」と他の歯科医院で言

われ、この先ずっと総入れ歯は嫌なことを相談したところ当院のインプラント治療を紹介され来院しま

した。

CTレントゲン(立体映像レントゲン)で歯の状態、骨の形状、血管神経を確認すると歯根が化膿して

いたり歯槽膿漏が重度の状態だったりなど、やはりほとんどの歯が保存不可能な状態でしたので

先に抜歯を行い骨を整えて、歯肉の状態が良くなったらインプラントを行う事を提案しました。

歯や歯肉の化膿がなく、歯肉がぶよぶよしていない状態であれば抜歯即日にインプラントと

仮の歯を入れてしまうことも可能なのですが、この患者さんの場合化膿している他にぶよぶよし

ている部分が数か所あり、本人一時的な総入れ歯ならいいという事でしたので抜歯して骨の整形しイン

プラントを入れやすい状態にして歯肉も引き締まってから行う事になりました。

歯肉が引き締まってからのほうが、インプラント後の縫合(傷口を糸で縫う事)がきちんとできて

痛みや腫れ、感染を抑える事が出来るというメリットもあります。

抜歯後当日に総入れ歯を入れ、歯肉が落ち着くのを1か月ぐらい待ちます。

その後、抜歯後模型から製作した入れ歯のような形のインプラント後に入れる仮想の歯を入れて、CT

レントゲン(立体映像レントゲン)を撮影します。

その画像をコンピュータで細かく分析して、その方の骨に最も適した位置にインプラントを入れる設計

を行い、オペ用ガイド(理想的な位置にインプランが入れられる装置)とインプラント手術当日にセッ

トする歯を製作を行い準備完了です。

ここまでは大変ですが、インプラント当日はすべて準備してありますし静脈内鎮静法(お薬で眠った状

態で行う方法)で行いますので、やったことも覚えていないぐらいリラックスした状態で行う事が可能

です。

この方法でインプラントを行うと、患者さんの来院回数も短縮できて、インプラント後も軟らかいもの

であればすぐに食べられる事が出来るため、喜んでいただけると思います。

今後さらに学んで、インプラント治療をより向上できればと考えております。

 

 

ヒアルロン酸/ボツリヌストキシン注入治療導入セミナーに参加

こんにちは、及川です。

12月6日に東京で行われました、ヒアルロン酸とボツリヌストキシン注入治療導入セミナーに参加

講義と実習をしてきました。

ヒアルロン酸は、ほうれい線に注入する事によりアンチエイジング(若返り)効果がありますので

まず講義でヒアルロン酸の知識習得し、実際にメーカーのスタッフに対し注射での実践をしてきまし

た。

もう一つの、ボツリヌストキシン製剤注入療法は、歯ぎしり食いしばりの強い方に行う事により

それが軽減し、歯や顎関節、噛む筋肉が守られ生活がしやすくなったり、筋肉の収縮を抑えしわの改善

によりアンチエイジング効果もあります。

この2つを応用して歯科治療後やインプラント治療後のアンチエイジング効果向上のために、患者さん

に提供できればと考えております。

 

 

マロ・クリニックオールオン4セミナーに参加

IMG_2589こんにちは、及川です。

少し前になりますが、11月23日~25日の3日間銀座のマロ・クリニックでオールオン4インプラントの

セミナーに参加してきました。

オールオン4インプラントとは、4本のインプラントで12本の歯を即日に再生してしまう方法で

歯にお困りの方には画期的なインプラント治療法です。

このマロ・クリニック銀座は、オールオン4の開発者パウロ マロ先生の歯科医院で、私と写真に写っ

ている下尾嘉昭先生が院長を務めております。

下尾先生は、マロ先生の本院がありますポルトガルのリスボンにて数年研修を重ね日本のオールオン4

インプラント治療の第一人者です。

オールオン4インプラントは現在ではいろんなインプラントメーカーで行われておりますが、本家本元

は私も使用していますノーベルバイオケア社のインプラントのみとなっています。

その理由をシステムや構造の観点から下尾先生にレクチャーしていただきました。

今回はいろんな症例のオールオン4、そしてザイゴマインプラントのオペ見学、講義、実習と

3日間連日で大変ではありましたが、とても有意義なインプラントの勉強が出来ました。

このオールオン4インプラントは学べば学ぶほど、自分のインプラントスキルが上がるのがわかりま

す。

何故かと言うとオールオン4インプラント治療は、すべてのインプラント治療技術の方法を持っていな

いとできないインプラントだからです。

当医院でもオールオン4インプラントは行っておりますが、マロ・クリニックで学んだ知識を発揮でき

るようにこれからも頑張りたいと思います。

 

リッジエクスパンジョン法、ソケットリフト法、GBR法でインプラント

こんにちは、及川です。

今回の患者さんは、益子町在住の50歳代の女性です。

歯周病と虫歯が進行して上の歯が3本しか残せない状態でした。

このような場合その3本も抜歯して全体インプラントしても、残してインプラントをしても

6本のインプラントが必要なことを説明し、3本を残してのインプラントはその3本がだめになった時に

再度その部にインプラントが必要になり、治療期間と治療費がかかってしまうので抜歯を行っての方法

をお勧めしたのですが、患者さんは治療期間と費用が後で掛かっても1本でも残しておきたいとのご希

望がありましたので3本残しての方法で行う事になりました。

保存不可能な歯を抜歯し、同日に仮の入れ歯を入れましたが違和感があるとのことでしたので

直ぐに少し無理があるのですが、優しく使用するという約束で3本で10本分の仮歯ブリッジ(入れ歯で

はない固定性の仮歯)で再生を行ったところ、不安定さは少しあるけれど入れ歯よりいいと喜んでいた

だけました。

抜歯後歯肉が落ち着いてから、CTレントゲン(立体映像レントゲン)撮影後コンピュータでシュミ

レーションを行い骨の少ない部分にはGBR法(骨を増やす方法)、幅のない部分にはリッジエクスパン

ジョン法(骨を押し広げて骨幅を作る方法)、骨の高さが足りない部分にはソケットリフト法(骨を押

し上げて高さを作る方法)などほとんどの部分で骨が少ない状態でしたので、このような方法をすべて

の部分で行う事により無事インプラントの埋入が終了しました。

次の日の消毒では痛み腫脹はなかったのですが、少し紫斑(内出血による皮膚の変色)がありました。

しかし、骨を増やす方法を行うと血が集まることによって骨が再生するので、紫斑が出現する可能性を

事前にお話をしてあったため患者さんもご理解されておりました。

今後ももっと勉強して、より良いインプラント治療が提供できればと考えております。

 

 

抜歯即時インプラント

こんにちは、及川です。

今回の患者さんは、さくら市からお越しの30歳代男性の患者さんです。

差し歯が取れて再度差し歯にするほどの歯根がなく、入れ歯かブリッジかインプラントという選択で

両方の歯を削りたくないのでブリッジは行いたくない。30歳代で入れ歯も入れたくないということで

1本のインプラント治療を選択なさいました。

左上の糸切り歯の1本後ろにあります小臼歯の部分で審美的に影響がある部分なので、抜歯をしてから

のインプラント治療では骨が吸収してしまい見た目が悪くなるため、今回は抜歯即時インプラント

(抜歯と同日にインプラントを埋入する方法)を行いました。

この方法を行う事により、インプラント部分の骨吸収を最小限にすることが出来て、期間も短縮

する事が出来るというメリットもあります。

インプラント治療には多くの治療方法がありますので、症例によって最良の治療法を採用できるように

今後も学んでいければと考えております。

11月23日~25日の3日間オールオン4(インプラント4本で歯12本分の再生する方法)の開発者

パウロ マローのマロークリニック銀座で行われるインプラントオペ見学と実習、講義を受講してきま

すので、終了しましたらご報告できればと思います。

1日でソケットリフト法、リッジエクスパンジョン法、抜歯即時GBR法

こんにちは、及川です。

今回の患者さんは、茂木町からお越しの60歳代の女性です。

1か月前に右上の3本のインプラント抜歯即時埋入(抜歯して即日にインプラントを行う方法)を行い

術後の経過が良好なので、その他の部分のインプラントを実施しました。

まず左上第一大臼歯部の骨の厚みが6~7㎜だったので、5ミリ程度ソケットリフト法(骨をトントン

と槌打して骨を上方へ持ち上げて増やす方法)を行い、インプラントを埋入し1か所目終了。

次に右下ですがこの部分は骨の吸収が著しく、下歯槽管(神経と動脈が入っている管)が近接している

ため、骨を削るとより減ってしまうのでリッジエクスパンジョン法(ドリルで削るのを最小限にし

骨を押し広げて骨幅を増やす方法)を行って2本埋入し2か所目終了。

ここまででもハードなインプラントオペですが、この1回でインプラントオペが終了できれば患者さん

の今後の負担が減るので3か所目を実施、この部分は事前に抜歯してしまうと骨が吸収してしまい

インプラントが不可能になると事前のCTレントゲン(立体映像レントゲン)で診断済みでしたので

抜歯即時埋入そしてGBR法(骨補填材の上に特殊な膜を覆って骨を増やす方法)を行い

その後方に再度リッジエクスパンジョン法を行いインプラントを行いました。

今回のインプラント治療は、どの部分も骨がない状態でしたので少し大変でしたが、オペが

この1回で終了したことを患者さんは大変喜んでいる様子でした。

診療終了後の確認電話でも痛みもなく良好とのことでしたので、とてもよかったと思います。

他の歯科医院でインプラントはできないといわれた方がいらっしゃいましたら、

上記のような方法で行えばできる可能性もありますので、ご相談ください。

無料でCTレントゲン(立体映像レントゲン)診断とコンピュータインプラントシュミレーションを行

い、診査診断と納得する説明をさせていただきます。

過去のブログを見るにはこちらをクリック

アーカイブ

2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  


PAGE TOP