インプラント再建歯学研究会修了式に参加

こんにちは、及川です。

1月14日に私が所属していますインプラントのスタディーグループ、インプラント再建歯

学研究会の認定講習会修了式に参加してきました。

今回の受講生は16名で、当医院に勤務していました小野先生も参加しており、インプラ

ントの心得から診査診断、いろいろな手術の方法、骨の増やし方、歯肉の整形の仕方など

など多くを学べたことでしょう。

私もこの講習会で12月に講演させていただき、受講生の皆さんに少しは協力できたかな

と思います。

私自身ももっともっとインプラントの勉強を行い、上達できるように努力していきたいで

す。

 

 

新年のご挨拶

明けましておめでとう御座います、及川です。

昨年、多くの患者さんに来ていただき感謝しております。

今年も昨年以上に、患者さんが満足していただける歯科医院づくりを心がけ

スタッフ一同努力していければと考えております。

 

インプラントセミナーで講演しました

こんにちは、及川です。

12月10日東京でインプラント再建歯学研究会という、インプラントのスタディーグループのセミナーで

3時間ほど講演してきました。

内容は、インプラント治療を行う上での説明の仕方と対応、インプラントの設計の方法、オペ時の注意点

などです。

この会に参加している方は、日本口腔インプラント学会のインプラント専門医を目指している歯科医師なので

私の話も真剣に聴いていただき、質問も多数ありました。

このためのスライド作りは少し大変ですが、今後もインプラント治療の向上のためにお話が出来ればと考えてお

ります。

及川歯科医院の下半期総会を行いました

こんにちは、及川です。

12月22日に及川歯科医院総会を行いました。

患者様満足度アップ、スタッフ満足度アップのための反省点と改善点などを

出し合ってより及川歯科医院が皆様に支持されるようにと皆で話し合いました。

また当医院はインプラントを専門としておりますので、インプラント治療の流れやインプラントの診断や

種類について私からスタッフに詳しく説明しました。

各プロジェクトチームの発表もかなり充実した内容だったので、来年は今年以上に患者さんの満足度を高

めることが出来そうです。

この会議が無駄にならないように、実践していければと思います。

皆様今年も及川歯科医院に通院していただき、ありがとうございました。

及川歯科医院の矯正日

こんにちは、及川です。

11月8日当医院に東京から来ていただいている、矯正専門の藤田祥二先生による矯正診療日でした。

先生は、15か所以上の歯科医院で矯正専門医としてご活躍中の人気矯正歯科医師であり、説明も丁寧でとても優しい先生ですので矯正ご希望の方には

おすすめの先生です。

矯正治療は費用と期間がかかりますので、このような先生に診てもらえると患者さんも通院しやすいのではと思い、毎月藤田先生に来ていただくことになりま

した。

今後も、わかりやすい説明丁寧な歯科治療を心がけていきたいと思います。

 

日本口腔インプラント学会専門医 模擬口頭試問

IMG_0429[1]IMG_0428[1]

こんにちは、及川です。

11月12日に私の所属するインプラントのスタディグループ インプラント再建歯学研究会が開催した

日本口腔インプラント学会のインプラント専門医を受験する先生の症例の審査、模擬口頭試問に参加してきました。

この日本口腔インプラント学会というのは、日本で唯一国(厚生労働省)が認めたインプラント学会であり

その専門医になるためには、厳しい規定の20症例の提出とそれに対し大学教授やインプラントスペシャリストの口頭試問に

パスしないと資格を取得することが出来ません。

私は2年前に日本口腔インプラント学会の専門医を育成する資格であります、指導医専門医の資格を取得したので

今回の模擬口頭試問の先生役として参加し、試問や試験合格のためのアドバイスをさせていただきました。

当会から多くのインプラント専門医を育てて、日本のインプラント治療の向上に少しでもお役に立てるように

今後も協力できればと思います。

インプラントマスターコースに参加

こんにちは、及川です。

10月22日に東京で行われました、インプラントマスターコースに参加してきました。

今回のテーマはインプラント周囲炎・処置と対応法~予防と環境整備です。

歯は歯周病になることもありますが、インプラントも歯と同じように歯肉に囲まれてい

ますので同じように歯周病になることもあります。

もしインプラントが歯周病になった場合どのように対処するべきか、また歯周病にならない

ためにはどのようなインプラント治療前処置を行い、どのような設計、手技で行うべきかを

学んできました。

実際実習として豚の骨を使用し、遊離歯肉移植術(FGG)、歯肉弁根尖側移動術(APF)

という歯肉の整形方法やインプラント周囲炎モデルにおける自家骨や人工骨を用いて

歯周病で破壊された骨のリカバリー実習、歯周病原細菌検査の相互実習も行ってきました

多くの最新機器、器材の紹介もありより安心で安全なインプラントを目指して、今後も研究

していければと思います。

硬いものが好きな人へのインプラント

こんにちは、及川です。

今回の患者さんは、50代女性で壬生町からお越しの患者さんです。

とにかく噛み心地のある食べ物が好きで、軟骨や堅焼きせんべいなどをよく食べるとのことでした。

硬いものが好きという方は、歯牙の破折を起こします。

右下の奥歯がその影響で破折し化膿したことにより抜歯となり、そのようになった歯の周りは骨もなくなってしまいます。

今回のインプラントでは、その骨がかなりない部分へGBR法という骨を増やす治療と同時に、インプラントの定着がいいように

世界で最も信頼性のあるノーベルバイオケア社のアクティブインプラントで最も太い5.5mmというサイズのものを使用し

がっちりと骨に入れました。

骨がかなり硬い方でしたので、血液の循環が少し悪いことも考えられるので6か月ほどきちんと待って、骨が完全に出来ることをレントゲ

ンで確認したのちに機能させようと思います。

硬いものが好きな方は、必ず歯が再生すると再度硬いものを食べ始めるのを何度も経験していますので・・・。

いろいろなケースがありますので、またご紹介できればと思います。

 

インプラントのオペ見学

こんにちは、及川です。

10月4日に私が2年参加しているインプラント実践コースの講師であります、中村社綱(なかむらたかつな)先生のオールオン4

サージカルガイド(安心安全装置)使用のインプラントオペと、その日に歯を取り付ける即時荷重法を見学してきました。

手術のコツや細かなチェックポイントを吸収することが出来ました。

このオールオン4というインプラント技法は早期に噛めるようになり、清掃性にも優れ、低侵襲(傷が少ない)インプラント治療のため

多くの歯の無い患者さんが求めている治療だと考えます。

私も多くの症例を手掛けてきましたが、今後もより安心安全、短期間のインプラントを目指して今後も学びつつけたいと思います。

インプラント実践コース(第6回)に参加

こんにちは、及川です。

9月23日24日に行われましたインプラント実践セミナーに参加しました。

今回のテーマは、即時荷重(インプラントを入れてすぐに機能させる)のコンセプトとオールオン4(4本のインプラントで12本の歯を

再生する方法)についてでした。

コンピュータでCTレントゲン(立体映像のレントゲン)を活用し、骨の状態や神経血管の状態を細かく分析してインプラントをどこに入れ

るのがベストなのかを設計し、その設計をそのまま実際のインプラントオペに使用出来るサージカルガイド(インプラントの時に使用する

装置)の製作方法などを学んできました。

この方法は現在のインプラント治療で最も安心安全な方法といえます。

今後もこの方法を活用して、より安心安全、低侵襲(傷の少ない)のインプラント治療を行っていきたいと思います。

過去のブログを見るにはこちらをクリック

アーカイブ

2018年1月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  


PAGE TOP