ブログ

今日のインプラント GBR法(骨を作る治療)

こんにちは、及川です。

今回の患者さんは益子在住の60台の女性の方です。

他医院で抜歯を行い「入れ歯を入れたくない」という主訴で当医院に来院されました。

CTレントゲン(立体映像レントゲン)で診断すると、抜歯した部位が大きく骨の欠損が見られたので

インプラント治療の時にインプラントを入れる事が出来ず、骨を再生するだけになるかもしれないことも事前に説明しました。

実際行ってみると、CTレントゲンの画像より骨の欠損が大きく、無理にインプラントを入れても予後がよくないと判断し

今回はGBR法という骨を増やす治療のみ行いました。

このようにCTレントゲン診断CTと術前シュミレーションを十分行っても、その通りにできない場合もあります。

しかし無理をするともっと期間がかかってしまったり、術後感染を起こす可能性もありますので適切な判断が必要となります。

今後も十分な診断さらなるスキルアップを行い、より良いインプラント治療を提供できればと考えております。

関連記事

  1. インプラントの実習
  2. 今日のインプラント
  3. ピエゾサージェリー+ソケットリフト+GBRインプラント
  4. 骨のないところへのインプラント
  5. インプラント治療
  6. 左下4本のインプラント
  7. 新歯科医院の建物位置確認
  8. 1本のインプラント
過去のブログを見るにはこちらをクリック

アーカイブ





医療連携医院

PAGE TOP