ブログ

オールオン6インプラント

こんにちは、及川です。

今回の患者さんは、茂木町からお越しの60歳代女性の方です。

上の歯が殆どぐらぐらなために、「全部抜いて総入れ歯にしないといけない」と他の歯科医院で言

われ、この先ずっと総入れ歯は嫌なことを相談したところ当院のインプラント治療を紹介され来院しま

した。

CTレントゲン(立体映像レントゲン)で歯の状態、骨の形状、血管神経を確認すると歯根が化膿して

いたり歯槽膿漏が重度の状態だったりなど、やはりほとんどの歯が保存不可能な状態でしたので

先に抜歯を行い骨を整えて、歯肉の状態が良くなったらインプラントを行う事を提案しました。

歯や歯肉の化膿がなく、歯肉がぶよぶよしていない状態であれば抜歯即日にインプラントと

仮の歯を入れてしまうことも可能なのですが、この患者さんの場合化膿している他にぶよぶよし

ている部分が数か所あり、本人一時的な総入れ歯ならいいという事でしたので抜歯して骨の整形しイン

プラントを入れやすい状態にして歯肉も引き締まってから行う事になりました。

歯肉が引き締まってからのほうが、インプラント後の縫合(傷口を糸で縫う事)がきちんとできて

痛みや腫れ、感染を抑える事が出来るというメリットもあります。

抜歯後当日に総入れ歯を入れ、歯肉が落ち着くのを1か月ぐらい待ちます。

その後、抜歯後模型から製作した入れ歯のような形のインプラント後に入れる仮想の歯を入れて、CT

レントゲン(立体映像レントゲン)を撮影します。

その画像をコンピュータで細かく分析して、その方の骨に最も適した位置にインプラントを入れる設計

を行い、オペ用ガイド(理想的な位置にインプランが入れられる装置)とインプラント手術当日にセッ

トする歯を製作を行い準備完了です。

ここまでは大変ですが、インプラント当日はすべて準備してありますし静脈内鎮静法(お薬で眠った状

態で行う方法)で行いますので、やったことも覚えていないぐらいリラックスした状態で行う事が可能

です。

この方法でインプラントを行うと、患者さんの来院回数も短縮できて、インプラント後も軟らかいもの

であればすぐに食べられる事が出来るため、喜んでいただけると思います。

今後さらに学んで、インプラント治療をより向上できればと考えております。

 

 

関連記事

  1. インプラント実践コース(第5回)に参加
  2. 今日のインプラント
  3. インプラントOZの会に参加
  4. 前歯のインプラント
  5. マロークリニック オールオン4インプラント オペ見学
  6. 今回のインプラント ソケットリフト法
  7. 最新の再生医療
  8. インプラント実習セミナーに参加
過去のブログを見るにはこちらをクリック

アーカイブ





医療連携医院

PAGE TOP