ブログ

GBR法による骨再生(骨増生)インプラント

こんにちは、及川です。

今回の患者さんは、茨城県さくら市からお越しの60歳代の男性です。

数年前にも左下2本の大臼歯にインプラント治療を行い、具合良く食べる事が出来ていましたが

今度は右下の大臼歯2本が歯根破折してしまい、抜歯になり再度インプラントを希望したため

今回のインプラントとなりました。

この患者さんは、噛む力が非常に強くそして硬いものが好きなために今回で3回目の歯根破折となりま

す。

人間の硬いものを噛む習慣はなかなかやめる事が出来ないようで、そのような方には注意を促すのです

が、ほとんどの方がやめる事が出来ずに続けてしまうようです。

そうすると結果として歯根破折を繰り返してしまう結果となり、歯を1本ずつ失う結果につながってし

まいます。

今回のインプラントは、歯根破折後その破折部から感染し骨が感染により吸収を起こしてしまったため

にGBR法という骨再生(骨増生)を同時に行いインプラントを埋入するという技法を行いました。

硬いものを噛んでいた患者さんは、その刺激により骨が硬くなっているので骨が再生しにくい特徴があ

るため、骨再生後6か月ほど十分待つ必要性があります。

このように、その患者さんに最も合った骨再生治療を提案してインプラント治療を行っていきますので

安心してご来院ください。

 

 

関連記事

  1. 今日のインプラント
  2. スタッフからのバレンタイン
  3. 70歳代の全額(すべての歯)再生インプラント治療
  4. 80歳代の女性にインプラント治療
  5. 新しい歯科医師入社
  6. 京セラのインプラントセミナーに参加
  7. スタッフ歓迎会
  8. 学校保健委員会
過去のブログを見るにはこちらをクリック

アーカイブ





医療連携医院

PAGE TOP