ブログ

抜歯即時インプラント

こんにちは、及川です。

今回の患者さんは、真岡市からお越しの60歳代の男性で、右下大臼歯1本と左下小臼歯1本大臼歯1本

計3本のインプラント埋入を行いました。

3本中2本は普通にインプラント埋入で行えるのですが、左下小臼歯部分は抜歯をして

直ぐにインプラントを埋入しないと骨がなくなってしまい、埋入できない可能性があることを

事前のCTレントゲン(立体映像レントゲン)で診断してあったので、慎重に歯の周囲骨を温存するよ

うに抜歯を行いました。

その後、抜歯部の根元の炎症部分を清掃消毒を行い事前にコンピュータで制作しておいたインプラント

埋入用の外科装置を使用して、シュミレーション通りの位置にインプラント埋入を行い骨を増やすGBR

法も併用、減張切開(歯肉を伸ばす方法)も行いインプラント部分が完全閉鎖するように縫合を行い終

了となりました。

抜歯を先にして歯肉が治るのを待っていると、抜歯した骨の部分は必ず痩せてしまいます。

そうするとインプラントが出来なくなってしまうか、行うのがかなり困難になることがあります。

この抜歯即時インプラントを行う事により、抜歯後の骨の部分を利用して骨を増やすことができるの

で、とても患者さんには有効な方法だと思います。

このようにいろいろなインプラント技術を駆使して、より確実で期間短縮インプラント治療が提供でき

ればと考えております。

 

 

関連記事

  1. インプラント専用解析ソフト
  2. 1日中インプラント資料づくり
  3. 新歯科医院とインプラントオペ室、待合室
  4. 13日、14日のインプラント治療
  5. 今日のインプラント
  6. プレゼンをしてきました。
  7. 院内インプラントセミナー
  8. 今日のインプラント
過去のブログを見るにはこちらをクリック

アーカイブ





医療連携医院

PAGE TOP