ブログ

下の骨が少ないケースのインプラント

こんにちは、及川です。

今回のインプラントは、茂木町在住の60歳代の男性です。

下あごの第1大臼歯と第2大臼歯の2本歯牙欠損で 今回は第1大臼歯1本のみの再生を計画しまし

た。

本来であれば2本の歯牙が失われたので2本の再生がいいかもしれませんが、この患者さんは食いし

ばりの癖があり奥歯2本再生すると噛めるようにはなりますが、再度歯を壊してしまう強い噛む力

が復活してしまう恐れがあったので、今回は1本のインプラントを計画しました。

CTレントゲンで診断すると下歯槽管(神経と血管の管)が太くて骨の部分の幅はありますが

骨の高さがあまりなく、短いインプラントしか埋入できないようなので表面積を増やす目的で最も

太い5.5ミリ径のものを選択しました。

このように患者さんの噛む習慣、噛む力などを治療前の歯の状態をよく観察し問診も行い

骨の状態を診断するCTレントゲンでシュミレーションを行ってからインプラント治療を行うなど

治療後長期に使用していただくにはどのようにすべきなのかを診断し、最も良いインプラントの種類

を選択する事が大切だと考えます。

歯の本数、咬合力(噛み合わせの強さ)、歯の大きさや形態などを性別や生活習慣で判断して

最良のものを選択する事と終了してからも、定期的に経過状態を再度チェックすることも大切です。

今後もいろいろな知識を吸収して、インプラント治療に応用できればと思います。

 

 

関連記事

  1. 糖尿病と歯周病
  2. 上半期総会
  3. インプラントリフレッシュコースに参加
  4. インプラント実践コース(第5回)に参加
  5. 3本のインプラント治療をしました
  6. 今回のインプラント
  7. プレゼンをしてきました。
  8. マロ・クリニックオールオン4セミナーに参加
過去のブログを見るにはこちらをクリック

アーカイブ





医療連携医院

PAGE TOP