医療費控除について

医療費控除について

医療費控除について

高額な自費治療となりますと、「医療費控除」を受けることができます。
インプラント治療についても対象となり得ます。

「医療費控除」とは、1年間に自分自身や家族のために医療費を支払った総額が、ある基準の金額を上回った場合、一定の金額の所得控除を受けることができる制度です。
さらに詳しくは、国税庁のHPをご参照ください。国税庁のHPをはこちらへ

インプラントを行うために支払った医療費は、自由診療で健康保険外ですので、全額自己負担となりますが、申請をすることで、医療費控除という制度の対象になります。
医療費控除とは、国の健康保険上の制度です。
医療費控除額:課税対象の所得から控除される金額です。

医療費控除について

1年間の医療費-保険金の受給額-10万円=医療費控除額(上限200万円)
所得税の還付金額:納付済みの税金の一部が戻ってきます。
医療費控除額×所得税率※=還付金額
※所得が330万以下の場合10%、330万以上900万未満の場合20%、900万以上1800万未満の場合30%、1800万以上の場合37%
住民税の減額金額:翌年の住民税から差し引かれます。
医療費控除額×住民税率※=減額金額
※所得が200万未満の場合5%、200万以上700万未満の場合10%、700万以上の場合13%

医療費控除の申告方法

以下のものを用意して、最寄の税務署に行き、申告書に必要事項を記入して、窓口に提出すれば完了です。後日、指定の口座に還付金が振り込まれます。

治療費の領収書(通院にかかった交通費の合計もメモして置いてください)

  • 源泉徴収票(給与所得者の場合)
  • 金融機関の口座番号(還付金が振り込まれる)
  • 印鑑


PAGE TOP