ブログ

なぜ歯は黄色くなるの?

前記事でホワイトニングについて書かせていただきました。

そもそも、歯はどうして黄色く変色してきてしまうのでしょうか?

歯はもともと白くなくわずかに黄みをおびた色をしています。肌の白さが人によって違うように、歯の色にも黄みや赤みがあり個人差があります。

茶渋やタバコのヤニ、歯垢などの歯の表面についた汚れによる変色は、それらの付着物を取り除くことでキレイにすることはできます。

しかし、歯の内側から変色した場合には、ハミガキやクリーニングで白くすることはできません。

歯が黄ばんでくる要因として多いものに、コーヒーや赤ワイン、タバコなどの色素の濃いものを日常的に摂取することでの変色があります。

その他にも、歯の磨きすぎ、歯ぎしり、加齢などで歯のエナメル質が薄くなり(歯の表面の硬い部分)、内側の象牙質が透けて見える変色もあります。

また、むし歯などで神経が死んでしまったり、治療で歯の神経をとった歯も変色を起こします。

ホワイトニング効果が望めるものと、望めない場合もございます。なので、まずはお口の中を診させていただき、その方に合わせた方法をご提案いたします。お気軽にご相談ください♪

糸井

関連記事

  1. 遠島の訪問blog🎵
  2. 植物を編む…
  3. 4.4倍( ;∀;)
  4. 文化祭☆
  5. 三村です。
  6. 純文学
  7. ☆ほっこり話☆
過去のブログを見るにはこちらをクリック

アーカイブ





医療連携医院

PAGE TOP