新型コロナウイルス感染対策について

新型コロナウイルス感染対策について

当院の新型コロナウイルス感染対策について

当院では以下のように、診療器具や切削器具による感染の無いよう十分配慮し診療にあたっております。

1、コップ・器材トレー・エプロン・歯ブラシ・歯間ブラシなどは全て使い捨てを使用し患者様ごとに新しいものをお出ししています。

2、治療椅子の削る器具(エアタービン等)や金属性器具は患者様ごとに滅菌消毒(世界基準クラス B 滅菌器、オートクレープ滅菌器を使用)を行っております。

3、高温で滅菌処理できないもの(木製、プラスチック)に対しては、ガス滅菌により熱を加えない方法で滅菌消毒を行っております。

4、患者様毎に周囲を消毒液による清掃をしております。
それに加えて、診療室・待合室内の空気清浄には空気中に浮遊しているウイルスやカビなどの 作用を抑える効果のあるシャープ社製の大型プラズマクラスター5台を配備し 空気感染予防をしております。出来るだけ窓を開けて換気も行っております。

上記は、当院理念である「自分が受けたい歯科治療を行う」という考えの一環として以前から行っている事であり、今回の新型コロナウイルス流行に対し新たに始めた事ではありませんが、今後も歯科治療による感染症には十分留意して取り組んで行きたいと考えております。

患者さんが触れる部位消毒編

新型コロナウイルス感染対策について/ width=

エピオス水(次亜塩素酸水)の性質と安全性

・純粋な塩と純水を電気分解して生成されるため為害作用がない
・人の免疫細胞が産生する物質と同じである
・次亜塩素酸濃度が食品衛生法の範囲内である 

エピオス水(次亜塩素酸水 )は高い殺菌力で、
ほぼ全ての細菌
・ウイルス(コロナウイルス・インフルエンザウイルス
・ノロウイルス・エイズ(HIV)
・O-157(腸管出血性大腸菌)
・MRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)
・肝炎ウイルス・サルモネラ菌
・緑膿菌
・レンサ球菌
・枯草菌
・カンジダ
・黒コウジカビなど)
を滅菌します。

当院では器材の消毒、抜歯の消毒、根の治療の消毒、インプラント治療の消毒にも使用しております。





医療連携医院

PAGE TOP