上あごの骨が少ないケース

こんにちは、及川です。

今回の患者さんは、芳賀郡市貝町からお越しの60歳代の男性です。

当院の患者さんからの紹介で、左上の歯が無くて噛めないとの事でした。

CTレントゲンで確認すると第一小臼歯が欠損、第二小臼歯はグラグラで骨の吸収もあり直ぐに抜いてしまうと残る骨が1ミリ程度になって

しまうだろうと思える状態なのが確認できました。

実際オペは、第一小臼歯部分は幅を広げるリッジエクスパンジョン法を行い、骨の上縁部分ギリギリまでインプラントを入れ

るバイコーチカル法も行い強固に骨の中に入れ、第二小臼歯の部分は骨が減らないように上顎洞内の骨をピエゾ(超音波で骨を削る装置)で

持ち上げて、その後ソケットリフターで槌打してさらに持ち上げて造骨するソケットリフト法+歯槽頂側からさらに骨を持ち上げるバーチカ

ルサイナスリフト法を併用して行うことにより即日に造骨治療とインプラントを骨に入れることが出来ました。

骨を増やす治療と同日にインプラントを入れる治療を行えたことで、治療期間を半分にすることが可能になります。

難易度はかなり高いインプラント治療でしたが、無事イメージ通りの手術が出来たので患者さんも嬉しそうでした。

今後も新しい技術を取り入れて、最新で最良のインプラント治療が提供できればと考えております。

 

 

骨が硬いケースのインプラント

こんにちは、及川です。

今回の患者さんは、50歳代真岡市在住の女性の患者さんです。

奥歯が抜けて入れ歯を作ったけれど煩わしくて入れていられず、奥歯が無いままで何年も過ごした結果前歯が開いて歯と歯の間に隙間が出来

てしまったのと、虫歯で黒くなってきて見た目もかなり悪い状態なので何とかしたいとの事でした。

この患者さんのそもそもの原因は奥歯を失った事によるものなのですが、お話をお聞きして入れ歯は無理との事でしたのでご希望でもあるイ

ンプラント治療での計画をしました。

CTレントゲンで診査すると多少の骨吸収がありますが、インプラントを入れる時に少し広げるリッジエクスパンジョン法を行えば

入れることが出来るレベルでした。

また、長さが少し短めになってしまうところに対しては、方向などを考えて太めのインプラントを選択すれば良好な状態で使用できると

診断しました。

実際のインプラントオペを行うと非常に骨が硬い方だったのでインプラントを入れるのに苦労しましたが、シュミレーションを行いその通り

にインプラントが行える外科装置(サージカルガイド)を使用することにより、安心安全正確なインプラントを行うことが出来ました。

非常に良い状態でインプラントを入れることが出来たので、約3か月後には仮歯を入れて噛めるようになるのですが、その間時間の無駄が無

いようにその他の虫歯の治療、歯並びを整える治療を行っていく予定です。

今後もインプラント治療28年以上の経験を生かして、患者さんに最も適したインプラント歯科治療が提供できればと考えております。

 

左右同日5本のインプラント

こんにちは、及川です。

今回の患者さんは茂木町在住60代の女性です。

この患者さんは長い間入れ歯で過ごしていましたが、入れ歯のバネがかかった歯がグラグラになり噛めなくなったという事で来院されまし

た。

レントゲンで確認すると上あごの前歯4本、下あごの5本が使用できない状態でした。

CTレントゲンで骨の幅高さ、神経と血管の走行を確認すると抜歯を直ぐに行ってしまうと骨が無くなってしまいインプラント治療が出来な

いと診断出来ました。

保存不可能な歯を直ぐに抜いてしまう歯科医院もありますが、インプラント治療を行う場合は注意が必要です。

症例によっては、保存不可能な歯を残しておくと力が掛かった時に痛くて噛めない事もあり、歯冠部(歯の頭の部分)をカットして

歯根部(歯の根の部分)のみにし、その後型を採って入れ歯を製作する事で早期に食事が出来るようになります。

インプラント治療は噛めるようになるまで少し時間が掛かるので、当院では治療中の健康維持のためにこのような処置を優先して行うことを

推奨しております。

下あごのインプラント治療は右側は骨の幅が少し狭めだったので骨を広げながらインプラント(リッジエクスパンジョンインプラント)を

2本埋入、左側は3本の残根を抜歯し即日に3本のインプラント(抜歯即時インプラント)を行いました。

傷口が落ち着くまでは製作した入れ歯を外しておいてもらいますが、1週間ごお出かけがあるとのことでしたので、それまでには調整して入

れようと考えております。

下あごが落ち着いたら次に上あごを行いますので、またご報告したいと考えております。

抜歯3か月後のインプラント

こんにちは、及川です。

今回の患者さんは、益子在住の40歳代の女性です。

奥歯の虫歯を長い間放置してしまったために残根状態(歯の頭の部分がなくなり根の部分だけになった状態)で食べ物が噛めない

という主訴で来院されました。

根の治療を行いその上に土台を立てることが出来れば歯として再生できるのですが、この患者さんの歯はそれが出来ないくらい虫歯が進行し

ており、修理してかぶせ物で再生する事は不可能なので、患者さんに同意をいただいて早めに抜歯しました。

早期に抜歯した理由は、抜歯をすると骨は痩せてしまうのですがCTレントゲン診断で抜歯を行ってもインプラント治療が可能と診断できた

ので、早く抜歯し歯肉を治癒させてインプラントを行うと早く噛めるようになるからです。

同じようなケースでも、審美ゾーン(笑って見える部分の歯)の場合は抜歯即時(抜歯と同時に)インプラントを行わないと骨の吸収で

見た目の悪い状態になる事がありますので、インプラント治療の診査診断は経験を要します。

今回3か月後にCTレントゲンで診断すると骨が成熟とまではいっていませんが、簡単な骨の調整を行えばインプラントが可能な状態になっ

ていたので、CTレントゲン上に理想的な位置にインプラントが入るようインプラントシュミレーションを行い、その後インプラント手術を

行いました。

インプラント治療はテクニックスキルも必要ですが、術前の診査診断で予後が決定するといっても過言ではありません。

ですので当院では、世界で最も精度が高いと評価を受けているノーベルバイオケア社のシュミレーションソフト(インプラント設計装置)

DTXを採用し、術前に細かなCTレントゲンでの診査を行い最も条件の良い骨の部分にインプラントを入れられるよう心がけております。

今後も患者さんに満足していただけるインプラント治療が提供出来ればと考えております。

 

骨が薄くて高さの無いケースのインプラント

こんにちは、及川です。

今回の患者さんは、真岡市にお住いの50代の女性です。

以前他の歯科医院でインプラントを行い、そのインプラントがぐらぐらになり噛めないという事で来院されました。

レントゲンで確認すると周囲の骨がかなり吸収し化膿した状態で、保存不可能なのも確認できたため即日に撤去しました。

その後CTレントゲンを撮影し、シュミレーションソフトで神経や骨の状況を診断すると、骨がい薄い部分や骨の高さが無い部分が確

認できました。

このようなシビアなケースでは、コンピュータでのCTレントゲンシュミレーションソフトを活用した診断が必須で、そのシュミレーシ

ョンの通りにインプラント手術が行えるガイドサージェリ―(インプラントを正確安心安全に行うことが出来る装置を使用した手術法)

を当院では推奨しております。

3D画像(CTレントゲン)も撮影せず、フリーハンドによるインプラント治療(経験と勘だけに頼ったインプラント治療)でこの症例を行

うことはできません。

この症例では骨の薄いところはリッジエクスパンジョン(骨を徐々に拡大していく方法)で、骨の高さの無いところは抜歯即時埋入法+GB

R法(抜歯した当日に周囲既存骨を温存し、人工骨を追加して骨を増しインプラントも同日に骨に入れてしまう方法)で行いました。

事前の細かな診査診断が無ければ難症例を成功させることは出来ません。

今後も、最新で最良のインプラント治療が提供できるよう日々学んでいければと考えております。

 

光学印象装置トリオス3導入しました。

こんにちは、及川です。

当院の今年の目標は歯科診療をより精密にスピーデーに行えるよういろいろな装置や診療方法をデジタル化し、患者さんの満足度をアップさ

せることです。

その第一弾として光学印象(デジタル印象)といって従来の歯型を取る方法(U字のワクに粘土状の材料を入れてかぶせ物などの型を採る方

法)ではなく小型のカメラで患者さんの歯型を連続写真で撮影し、型を取ることなくかぶせ物が製作できる優れた装置の導入です。

印象方法をで光学印象にすることにより、今までのように型を採るときに息が出来ないといった苦しい思いをすることがなくなり、快適に型

を採ることが可能になります。

特に嘔吐反射(おえっとなる反射)が激しい方に対してかなり有効な印象法になっております。

また操作が簡単なので診療時間の短縮ができたり、歯を製作する技工所に送るのも模型を梱包して送っていたのですが、データを

送信するだけですので製作期間の短縮にもなります。

今後もどんどん新しい装置や材料を採用して、快適な歯科診療が行えればと考えております。

 

 

 

オールオン6インプラント

こんにちは、及川です。

今回の患者さんは70歳代の男性です。

上あごに歯が1本もない状態で総入れ歯を使用、下あごは前歯6本のみ存在し奥歯は部分入れ歯を使用していました。

この患者さんの希望は「上あごの総入れ歯を使用しないで快適な生活がしたい」との事でしたので、早速CTレントゲン(立体映像レントゲ

ン)を撮影して診査診断しました。

診断結果は、長期総入れ歯を使用していたのにも関わらず残存している骨の量は多く、インプラントを入れる部位を考えて行えば長期使用が

望める状態の骨だという事が診断できました。

このような大きなケース(アゴ全体の再生)のインプラント治療を正確に行うためには、レントゲン上での精密なシュミレーションとそのシ

ュミレーション通りに手術を行うことが大切になります。

そのためには、手術方法もフリーハンド(術者の経験だけで手探りで行う方法)ではなく、サージカルガイド(インプラントシュミレーショ

ンの通りにできる装置)を使用してのインプラント治療が不可欠になります。

当院では、この装置を使用してインプラント治療を行うことにより安心安全正確にインプラント治療を進めることが出来るため

ほぼ全ての症例で採用しております。

更に、この装置を使用することによりインプラント治療時間を短縮させることが出来るため、腫れや痛みを軽減させる効果があります。

今回の症例でもこのシステムを活用し、シュミレーション通り上のアゴにインプラントを6本入れることができ、即日に12本の固定式の歯を

取り付けられました。

患者さんは、インプラント治療当日に取り外しではない歯を付けられたことに笑みを浮かべ大変満足気でした。

今後も、患者さんに喜んでいただけるインプラント治療が提供できるよう日々学んでいければと考えております。

 

 

 

抜歯即時インプラント

こんにちは、及川です。

今回のインプラント患者さんは宇都宮在住の30代男性です。

他の歯科医院で左下の奥歯が保存不可能だと診断され,本当に保存不可能なのかそして不可能なのであればそこにインプラント治療を考えた

いとセカンドオニオンで当院にいらっしゃいました。

レントゲン撮影後診査診断を行うと,奥歯から2番目の第一大臼歯歯根の先端にかなり大きな病巣(化膿した部分)2か所あり、抜歯は何時で

も出来るので、まずは根の治療を行って保存が可能なのか不可能なのかを確認しましょうと説明を行い根の治療を開始しました。

3回ほどレーザーなども使用し根管内の消毒や投薬を行い根の治療をしたのですが、内部から化膿した液が出てくるのと清掃消毒の出来

ない歯根(内部が開かない閉鎖した歯根管)があるので今後長期に使用するのは難しい、再発率が高いことを患者さんに説明しご納得いた

だき今回は抜歯してインプラント治療を行うということになりました。

診療方針は決定しましたが、すぐに抜いてしまうと骨が痩せてしまいインプラントが出来なくなることもありますので、痛くない場合は歯冠

部(歯の頭の部分)のみをカットして歯根部(歯の根元部分)のみにして骨の温存を図り、抜歯と同日にインプラントを入れる治療と骨を増

やす(GBR法)を同時に行う抜歯即時インプラント療法という技法を応用することも同時にご説明しました

このように抜歯即時インプラントを行うことで、インプラント周囲に骨を沢山残せるので長くて太いインプラント本体が埋入でき、強い力に

耐えられるインプラントとなります。

オペ当日、正確な診査診断のもと上記の方法で最良の長さ太さのインプラントを埋入することが出来ました。

このように事前の診査診断、そして経験で得た知識は歯科治療、インプラント治療を行うにあたりすごく大切です。

今後も最新で最良の歯科治療を提供できればと考えております。

 

 

 

 

 

 

骨の少ない前歯部分への骨再生

 

こんにちは、及川です。

今回の患者さんは、50歳代の女性です。

右上アゴ側切歯(中央から2番目)の激痛により来院しました。

最初は歯の温存できる治療として、根の治療を行い投薬とヤグレーザーを使用し歯根

内部レーザー照射による熱消毒とキャビテーション(歯根内をブクブク泡立てて洗

浄するバブル洗浄)を行い、鎮静消毒作用のあるお薬を入れるなど私の出来る限り

の治療を施しましたが、痛みが引かない状態が続いたため患者さんの要望で抜歯となりまし

た。

その後抜歯した部分の歯肉が治るのを待って、CTレントゲンを撮影した映像が①の写真

です。

骨がかなり薄い状態になっており、先端が1ミリ 上方でも3.5ミリでとてもインプラントが

入れられる状態ではありませんでしたので、患者さんには今回はインプラントではなくブリ

ッジが良いのではないかとお話をしました。

しかしこの患者さんはどうしてもインプラント治療により歯を取り戻したいと強い希望があ

ったため、リスク部分もきちんと説明した上で骨造成を行ってからのインプラント治療を選

択しました。

人工骨のブロックをチタン製のネジで骨に固定し、骨の厚み(高さ)を確保、その周囲に

粉末の人工の骨を置くことにより補填した人工骨のボリュウームが増すように治療しまし

た。

術後の写真が②となりますが1ミリの部分が7ミリ、3.5ミリの部分が9ミリの厚みになり

長さも増すことが出来ました。

あとは5か月後に上の写真のようにCTレントゲンを再度撮影し、再診査診断を行い安定が確

認出来れば6か月後にインプラントを入れる治療を行う事になります。

最近、他の歯科医院でインプラント治療が出来ないと言われた方が「本当にできないのか」

また、他の歯科医院でインプラント治療を行ったが予後が悪いなど訴える方が多く来院され

ます。

そのような方も含め、当院に来ていただいた患者さんに対しては、私の出来る限りの技術を

応用して、喜んでいただけるインプラント治療が提供できればと考えております。

当院はインプラント相談したからと言って無理に進めていくことはありませんので

安心して相談、セカンドオピニオンでいらしてください。

今後も最新で最良のインプラント技術を習得し、ご提供できるよう頑張りたいと思います。

スタッフと家族からのバースデープレゼント

こんにちは、及川です。

2月11日は私のバースデーでした。

スタッフから大きなモンブランケーキ、歯ブラシの形のネクタイピンと可愛

い歯のマークの入ったネクタイ、そして私がハイボール好きなのを知っているの

でハイボールが更に美味しく飲めるグラスをプレゼントして貰いました。

毎年プレゼント担当者が違うのに、毎回すごく考えてプレゼントしてくれるスタ

ッフに感謝感謝です。

今後もお互いが、こんな関係でいられたら楽しく仕事ができるなと思う瞬間でし

た。

家に帰ると長女から椅子において使用するマッサージ器、次女からは入れ歯ケー

スに入った手作り入れ歯型チョコ(歯の部分はハート形マシュマロ)とお菓子の

詰め合わせ・カエルのキーフォルダー、奥さんからはこれまたモンブランのケー

キ(モンブラン好きなので)をいただき家に帰ってもお祝いしていただき

素敵な1日でした。

今後もまだまだスタッフ、家族のために頑張らないと!

過去のブログを見るにはこちらをクリック

アーカイブ

2021年7月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  




医療連携医院

PAGE TOP