上あごの薄いケースのインプラント

こんにちは、及川です。

今回の患者さんは鹿沼市からお越しの40代の女性の方です。

この患者さんは以前当院で右上のインプラントを行い、この時も上あごの骨が薄くサイナス

リフト(上あごの横から小さな穴を開けて骨を造る治療)を行いインプラント体を埋め込み

ました。

今回は左上のブリッジが噛み過ぎにより炎症を起こし、歯が動揺してしまっったために

抜歯となりました。

今回も入れ歯ではなく自分の歯のように噛めるようになりたいという事でしたので、抜歯後

3か月待って骨と傷口が治ってくるのを待って、CTレントゲンを撮影しインプラントシュミ

レーションソフト(ノーベルクリにシャン)にてシュミレーションを行いました。

すると左上の2本インプラント予定の前方部分が3ミリ、後方が1ミリ以下の骨の厚みと診断

され骨を増やす部分が10ミリ以上必要なことが分かりました。

インプラントオペ当日骨の厚みが3ミリの部分は、インプラントを入れて初期の安定性が

取れましたのでサイナスリフトと同時にインプラントを入れることが出来ましたが

後方は骨の厚みが1ミリ以下だったのと、かなり骨質がごそごそした状態でしたので

サイナスリフトで十分な骨を造って安定した骨になってから6か月後にインプラントを入れ

ることにしました。

この症例のように安定して入れられる場合は早くインプラントを入れて、安定しなそうな場

合はきちんと骨が出来るまで待ってインプラントを入れることによって予後の長期安定性が

望めます。

診査診断をきちんと行い、無理し過ぎずより確実な方法で手術を行うことが大切だと考えて

おります。

今後も患者さんに喜ばれるインプラント治療を目指して、頑張りますので今年もよろしくお

願いいたします。

 

骨の高さと幅が無いケースのインプラント

こんにちは、及川です。

今回の患者さんは、益子在住60歳代女性の患者さんです。

この患者さんは、以前他院で下あご両奥歯を6本のインプラント治療を行ったのです

が、その部の歯肉部が出血と膿が出るとのことで来院されました。

診査するとインプラント部分の骨が吸収して炎症が進んでいる状態でした。

まずはこの部分にエルビュウムヤグレーザーという装置を使用して、レーザーの熱

と精製水で歯周ポケットの部分を殺菌しながら洗浄を数回行うことにより、出血と排膿がな

くなり、インプラント周囲炎(インプラントの歯槽膿漏)が落ち着き、歯ブラシしても出血

しなくなったとのことです。

インプラント治療は歯のない部分にすぐに行うものではなく、まずは残っている自分の歯の

歯周病を治さなければいけません。

直ぐにインプラントを行うことも出来ますが、歯周病を治してからでないと新しい

インプラントを行っても、今まであった歯周病菌が繁殖して直ぐに新たなインプラン

トも歯周病になってしまうからです。

この患者さんは、今回以前行った下あごのインプラントの部分を取り除き新たにき

ちんとしたインプラントを行いたい希望と、上あごの歯のない部分のインプラント

再生を希望していましたので、まず最初に上あごのインプラントを行いました。

右上1本の部分はレントゲンでは骨があるようにみえたのですが、実際行うと

骨の中に肉芽という骨になっていない部分が多くあり,GBR法という骨を増やす方法で

きちんと骨を増やしてから確実にインプラントが定着する方法に切り替えました。

左上の部分は初診時から骨の幅が2ミリほどしかありませんでしたので、サイナスリフト法

という骨を大幅に増やす治療を行い、初期固定(ゆらゆらしないでインプラントが安定して

いる状態)が得られましたので同日にインプラントを入れることが出来ました。

このように骨のない部分には幾つもの骨を増やす方法があり、どの造骨方法を採用してイ

ンプラントを行うのが大切です。

そのためには事前のCTレントゲンによる診査診断が非常に大切になり、そしての診断の通り

にインプラントの手技が出来るというのが成功のポイントになります。

全く同じケースというのはありませんので、今後も最新の治療を学習して経験を積みさらに

ステップアップできるようにしていければと考えております。

 

あごの骨が無い部分へ骨を増やす治療

こんにちは、及川です。

今回の患者さんは、真岡市在住の50代の患者さんで、数年前左上の中切歯(前

歯)1本を失い他院でインプラントを行った既往がありました。

今回、右下の奥歯1本の欠損と右上の中切歯と側切歯(前歯2本)が根元の破折の

ため、その部分にインプラント希望で来院されました。

今回インプラントを行う部分をCTレントゲンで診査すると右下奥と前歯共に骨が

少なく、特に前歯は根破折のほかに大きな根元の化膿による骨吸収があることが分

かりました。

実際インプラント治療を行うと右下は骨を広げる治療(リッジエクスパンジョン)

を行いインプラントを入れることが出来たのですが、右上の歯は根の破折と根尖が

化膿していたのが原因で、CTレントゲンの画像以上に骨の吸収が大きかったため

抜歯即時のインプラントではなく、骨を増やすGBR法を行うことにしました。

インプラントは長期に機能させなければいけませんので、より正確で確実な治療方

法を選択することが必要だと考えます。

早く最終的な歯を入れるのも大切なことですが、長期に安定することが最も大切で

はないかと考えるからです。

今後も多くを学び患者さん最新で最良のインプラントが提供できればと考えており

ます。

 

 

 

 

 

 

ノーベルバイオケア社 X-ガイド発売記念オンラインセミナー

こんにちは、及川です。

当院では、安心安全なインプラント治療を行うためCTレントゲン撮影後、インプラントシュ

ミレーションソフトを使用し骨の細部に対し分析を行い、最も適している場所にインプラン

ト本体を埋め込めるようにしております。

 

また、その設計の通りにインプラント治療が行えるサージカルガイド(インプランとオペ用

外科装置)を使用したガイデットサージェリーを推奨しております。

このように最良の場所にインプラントを行うことにより、より審美的で長期間使用できるイ

ンプラントが可能となります。

今回のWEB セミナーはこのサージカルガイドのように正確にインプラント治療ができる新

システム、デジタルナビゲーションシステムによるインプラント治療装置の紹介です。

これはサージカルガイド(インプラントオペ用外科装置)を使用することなくシュミレーシ

ョンの通りにインプラントの治療が簡単に行える装置X-ガイドという装置で、日本で発売を

記念してその概要説明のWEB セミナーでした。

まだまだ情報が少ないのでこれから多くの情報を集めて、本当に正確で確実なインプラント

が出来る装置なのであれば当院でも採用していくつもりです。

 

 

 

サイナスリフトインプラント

こんにちは、及川です。

今回の患者さんは上三川町からお越しの40歳代の女性です。

右側上あごの歯のない部分については他の歯科医院でインプラントを行い、左上の歯のない

部分は骨がかなり薄い状態でインプラントが出来ないと言われたため当院に来院されまし

た。

早速、当院のCTレントゲン(立体映像レントゲン)で撮影を行い、ノーベルクリにシャン

というインプラントの設計ができる分析ソフトで詳しく診断を行うと、歯が無い部分の骨の

厚みが1~2ミリ程度しかありませんでした。

この状態のままではインプラント治療を行うことが出来ないので、サイナスリフト法という

骨を増やす治療を行ってから6か月待って、骨が十分硬くなってからインプラントを入れる

という治療計画と説明を患者さんに行いました。

実際サイナスリフト法で骨を増やす治療を行うと確かに1~2ミリの骨しかない状態でした。

しかし、骨の硬さがかなりあったためインプラントを入れる穴を工夫しドリル操作行うこ

とで、初期安定性(インプラントがその部で安定できる状態)が取れる状態になったため

サイナスリフト法で大幅に骨を増やす治療同日にインプラントを2本上あごに入れることが

出来ました。

この治療法はサイナスリフト法で穴を開ける場所と大きさ、インプラントを入れる部分の穴

を開ける場所と大きさにコツが必要で難易度の高いインプラント治療となります。

治療前の説明では噛めるようになるまで1年ぐらいかかるとお話ししましたが、同日に2つの

ことが出来たため治療期間を6か月短縮することが可能になりました。

術後患者さんにこの事をお話しすると、かなり喜んでくれたのでインプラント治療を追及し

学んできて良かったと思いました。

今後も患者さんのプラスになるインプラント治療が提供できるように学んでいければと考え

ております。

 

 

 

マロクリニックオンラインセミナーに参加

こんにちは、及川です。

9月8日マロクリニックインプラントオンラインセミナーに参加しました。

ご講演をいただきましたのは東京歯科大学病理学講座主任教授 松坂賢一教授です。

今回のテーマは「インプラント治療を成功へと導くための生体応答について考える」です。

歯科インプラントは身体(歯肉や骨の中)に入れるものですので、生体がそれを受け入れて

くれなければ安定して機能しません。

身体の中でどのような状態だったら安定して、どのような状態になると炎症反応(化膿出血

したり腫れたり)を起こすのかを理解していなければ長期の使用は不可能になってきます。

今回のセミナーでは、術中・術後に目に見えない細胞・組織の反応を再認識することができ

インプラントの長期安定させる知識を得ることが出来ました。

本日学んだことを今後のインプラント治療に生かせるように努力していければと考えており

ます。

 

今回ののインプラント

こんにちは、及川です。

今回の患者さんは、50歳代の男性で大田原市在住の方です。

以前近くの歯科医院でインプラント治療を行いましたが、その部分のかぶせ物が頻繁に取れ

るので担当医に質問すると「仕方がない」「セメントが・・・」などといつも流されてしま

い最終的には全く話を聞いてくれなくなり、メンテナンスに行ってもそれほど確認もせずに

「経過は良いです」と言われるようになり不安という事で当院に来院されました。

お口の中で何か不具合がある場合には必ず原因があります。

お口の中を確認すると右側奥の方にだけに上下1本ずつインプラントが入っており、左側は

入れ歯という状態でしたので、噛みやすい右側メインで噛み過ぎてインプラントのかぶ

せ物が取れてしまうのと、取れる頻度が多いため適合が悪くなったのが原因だったようで

す。

この場合左右できちんと噛めるように設計しない限りこの現象は改善しません。

人は噛みやすい方だけで噛んでしまう習性があります。

また詳しく検査すると下のインプラントは出血と排膿があり、インプラント周囲炎になって

いてレントゲンで確認するとインプラント周囲の骨が吸収していて、早期に除去しないと間

もなく自分の歯の骨にまで影響が出てしまう状態になっていました。

片側(右のみまたは左のみ)のみのインプラント治療を行うと、このようにかぶせ物の脱離

や破損があったり、顔の変形、片頭痛、あご関節痛、肩こりなどが発生する可能性が出てき

ます。

インプラント治療で大切なのは左右差なく噛めるようにする設計です。

歯のない部分に対し、片側のみインプラントを行うのはやめましょう。

インプラントが長持ちするかそうではないかは、そのドクターの診査診断によって決まって

きます。

人間の歯は通常28本存在しますが、奥から2番目の歯までの再生でも十分噛む事が出来ます

ので、この患者さんには24本の再生の計画をしました。

この患者さんの場合上あご5本と下あご4本の再生で24本となりますので、患者さんと奥様

も交えて数回お話を行い同意が得られましたのでこの本数で行うことになりました。

使用するインプラント本数は少し多いケースですが、現在ある自分の歯は修理と歯周病の治

療を施し全て残し、右上の以前のインプラントもCTレントゲン(立体映像レントゲン)で確

認しかぶせ物の構造さえ変えればまだ使用できると判断しました。

使える歯やインプラントは使用し、不足している部分にのみ新しいインプラントを使用し

て出来るだけコストのことも考えてインプラント治療を患者さんに提供できればとも考えて

おります。

左右対称に歯をそろえるのが大切だとお話ししましたが、歯が無くなった部分の骨の形状が

左右同じではなく、骨をかなりの量補充しないとインプラントが出来ないケースが多くあり

ます。

適切なCTレントゲンによる診査診断を時間をかけて何パターンも考え、インプラントシュミ

レーションソフトでどのような形状長さのインプラント本体を使用し、どのような骨造成方

法(骨を増やす方法)で骨を増やすのが最も良い方法なのかをさらに分析します。

このケースでは、右上が既存骨(今あるご自身の骨)を極力利用する傾斜埋入法とリッジエ

クスパンジョン(骨に圧をかけて骨幅を増やす造骨方法)を応用して2本のインプラント本

体を埋入し、左側は1本は右と同じリッジエクスパンジョンあとの2本をサイナスリフト法(

骨の厚みが2~3ミリしかないケースに行う造骨方法)を応用して骨を増やす治療とインプ

ラントを埋めていくことを同日に行い、できるだけ早期に噛めるように治癒期間の短縮させ

る方法でインプラント治療を行うことが出来ました。

術後患者さんに、予定のインプラント治療よりも多くのことが出来た事を報告するととて

も喜んでいただけて笑顔で帰っていただけました。

今後も今以上技術向上できるよう、このコロナの渦中でも積極的にオンラインインプラント

セミナーに参加し上達できればと考えております。

 

 

 

 

愛犬と散歩

IMG_2310[1]こんにちは、及川です。

皆さん、コロナで外出に制限がある中どのように生活していますか?

私はお盆休みから4:30ぐらいに起床して、愛犬ココとお散歩することを始めました。

まだ2週間ぐらいと短いのですが、私が起きてリビングに行くとお散歩に今日も連れてって

くれるのかなと反応するようになり、最初少し辛かったのですがこの元気な反応に釣られて

現在も継続しています。

自分の健康にも繋がりますので、元気に反応してくれる間は行っていければと思います。

今回のインプラント

こんにちは、及川です。

今回のインプラントは、益子在住の60代の女性です。

上あごの歯を失い長い間放置していたため、骨がかなり薄い(少ない)状態になってしまい

インプラントを行うスペースがないため、サイナスリフトという上あごの骨の側

面に穴を少し開けて人工の骨を補填する(骨を増やす)治療が必要な症例でした。

この治療で注意が必要なのは、後上歯槽動脈という上あごの動脈が走行しているのを見逃さ

ずCTレントゲンで診断しそれを避けた治療を行うことです。

この事を知らずにサイナスリフト(上あごに骨を増やす治療)を行うと動脈の損傷による大

出血の可能性があります。

このケースでは、後上歯槽動脈の走行を慎重に診断をしてインプラント計画をして、骨の補

填を行いサイナスリフトを行いましたが、この患者さんの後上歯槽動脈の位置が通常より少

し下方に位置していたためと、鼻腔内の圧が高くその圧でサイナスリフト6か月後(骨が硬

くなる時期)のCTレントゲンでの診断で、補填したはずの人工の骨が十分に厚みのある骨に

なっていませんでした。

何度も何度もCTレントゲンでの診査診断をきちんと行い、事前に治療計画を行っていたため

インプラントを埋入する時に焦ることもなく再度ソケットリフト(骨をしたから槌打して骨

を増やす方法)+再度サイナスリフトを行うことにより十分な太さで長さのインプラント本

体を入れることが出来ました。

このようにサイナスリフトを2回行わなければインプラント本体が入らないケースは約30年

のインプラント治療経験がありますがはじめてでしたが、いろんな治療方法を駆使して再生

する事が出来て本当に良かったと思います。

今後も患者様が快適に食事が取れるように安心安全確実なインプラント治療が提供できるよ

うに技術を磨いていければと考えております。

コロナでインプラント会場に集まる講習会が行われていませんが、インターネットで行われ

ているインプラントセミナーなどに積極的に参加して、この時期でもスキルアップをしてい

きたいとも考えておりますので、今後とも宜しくお願いいたします。

 

傾斜埋入インプラントの設計

IMG_1971こんにちは、及川です。

今回は、当院で行っているインプラント治療の一技法であります傾斜埋入法をご紹介しま

す。

この症例は、60歳代の男性で上あごの両側奥歯8本を歯槽膿漏と強く噛み過ぎにより失っ

てしまいました。

本来であれば8本の歯を再生したいところですが、後方の部分に骨が無いのと費用を抑え

て行いたいとのご希望がありましたので、後方のインプラントを傾斜埋入法という技法を

行い、骨のない部分を避けて長いインプラントを埋入し、写真にあるように4本のインプ

ラントで6本の歯をブリッジで再生することにしました。

この写真は撮影したあごのCTレントゲンにインプラントシュミレーションソフトを使用し

て仮想の歯を映し出して、理想の場所にインプラントが埋入できるように設計し、

その設計と同じようにインプラント手術ができるサージカルガイドを製作している

画像となります。

このようにシュミレーションソフトを使用し、サージカルガイドを製作して手術を行うこ

とで手探りのインプラント治療に比べ、より正確で安全にそして短時間でインプラント治

療を行うことが可能になり、従来の手探りの手術よりも腫れや痛みも少なくできます。

今後もこのシュミレーションソフトを応用して、より安心安全なインプラント治療を

提供していければと考えております。

 

 

過去のブログを見るにはこちらをクリック

アーカイブ

2021年1月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031




医療連携医院

PAGE TOP