同日に骨を増やす治療+インプラント埋入

こんにちは、及川です。

今回の患者さんは真岡市在住40歳代の女性です。

この方はとにかく固いものがを食べるのが好きなため歯の破折・歯の根元が化膿してしまうなど3本が保存が不可能な

状態にまでなってしまいました。

歯も年数が経過すると家の古い柱と同様に劣化します。

そのような歯に毎日力を加えれば破折や炎症、動揺(グラグラ)が起こるのは当然なことなのです。

この患者さんは以前のように噛みたいというご希望がありましたので、インプラント治療を選択なさいました。

CTレントゲンで診査診断すると、左下の歯は骨がかなり薄い状態で抜歯と同時にインプラントを行わないと

今後インプラントが出来なくなることが分かり、抜歯即時インプラント+GBR法(骨を増やす方法)という特殊な方法で

インプラントを骨に埋入しました。

このように悪い歯だからといってすぐに抜いてしまうとインプラント治療がその後出来なくなるケースもありますので

インプラント治療をお考えの方はセカンドオピニオンでも結構ですので、ぜひ一度ご相談ください。

新しいインプラントナビゲーションシステム「Xガイド」導入

こんにちは、及川です。

最新のインプラント治療装置「Xガイド」を導入しました。

Xガイドという装置はインプラント治療用に開発された3Dダイナミックナビゲーションシステムで、デジタル技術を活用しより安心安全にインプラント治

療が可能となる装置です。

インプラントの長期保存のカギは最も条件の良い骨の部分をCTレントゲン画像で見つけ出し、そこにピンポイントで埋入することが大切ですがこのナビ

ゲーション装置を使用することでそれが可能になります。

この装置は位置や角度、深さを3Dナビゲーションによって正確にトラッキング(追跡)し、骨の中の神経や血管の位置もリアルタイムに確認しながら手術

を実行できるためより安全精度の高いインプラント治療が可能になります。

写真はそのXガイドを使用したインプラントの実習を行っているところです。(写真を拡大してくださいホントにリアルな映像です)

今後も患者様に喜んでいただけるインプラント治療法や装置がありましたら、どんどん取り入れてより確実なインプラント治療が提供出来ればと考えてお

ります。

当院はインプラント説明(無料相談)を聞くだけという方も沢山来院されますので、お気軽に御来院ください。(完全予約制ですので事前のご連絡お願い

致します)

ノーベルバイオケア社 第7回合同カンファレンスに参加

こんにちは、及川です。

当院で使用しておりますインプラントメーカー「ノーベルバイオケア社」主催の第7回合同カンファレンスに参加してきまし

た。今回のテーマは「新時代の幕開けダイナミックナビゲーション」で、より安全・安心・ストレスフリー治療のあり方につ

いて学ぶことが出来ました。

近年、インプラント治療は機能性・審美性・予知性が十分考慮された治療計画が求められております。

歯科医療界でもデジタル化が急速に進んでおります。

現在当院ではインプラント希望の患者様に対しては直ぐに行うのではなく、CTレントゲン(立体映像レントゲン)を撮影し

精密な診断が可能なDTX studiotoというソフトウエアを活用し骨と経血管の位置を慎重に診査診断して、最も条件の良い骨

の部分を探し、できるだけ長期保存できるインプラント治療を提案させて頂いております。

その後この治療計画にご納得いただいた患者様には、このソフトウエア上で設計した通りにインプラント治療が可能なガイデ

ットサージェリーによるインプラント治療を行っていますが、最近さらに進化し精度が良い最新のナビゲーションサージェリ

ーが開発されその装置によるインプラント治療についても学ぶことができました。(写真のポスターにある装置です)

当院でも7月からこの最新ナビゲーションサージェリーを応用したインプラント治療開始しますので、詳しくお聞きになりた

い方は無料インプラント相談を受け付けておりますのでご連絡お願い致します。

今後も多くを学び最良のインプラント治療が提供出来ればと考えております。

 

インプラント手術ナビゲーションシステム Xガイド

こんにちは、及川です。

5月11日に当院が使用しているインプラントメーカーのノーベルバイケア社(品川)に訪問し、インプラント手術ナビケーシ

ョンシステム「X‐ガイド」のインプラント手術体験をしてきました。

当院ではインプラントを希望する患者さんに対し、その方のアゴCTレントゲン(立体映像レントゲン)を撮影した後、その

CTレントゲンを診査診断して最もインプラントが適している骨の部分を探し出し、CTレントゲン上でインプラントシュミ

レーションを行います。その情報をもとにサージカルガイド(マウスピース型の手術用装置)を製作し精度の高いインプラン

ト治療を行っておりますが、このX‐ガイド装置はサージカルガイドが無くても、それ以上の制度でインプラント手

術ができてしまう最新のインプラント手術システムです。

今後当院でも導入する予定ですので、詳細が決まりましたらご報告したいと思います。

上あごの骨がかなり無い部位へのインプラント

こんにちは、及川です。

今回の患者さんは,佐野からお越しの40歳代の女性の方です。

初診時右上の犬歯に炎症がありかなりの排膿が診られましたので、口腔内のクリーニング後直ぐに抜歯を行いその後インプラント希望だった

のでCTレントゲン(立体映像レントゲン)を撮影しました。診断すると抜歯部はもちろんその前後も骨の厚みが2ミリ程度のところもあり

かなりの骨吸収があることが診断できました。

治療としては右側4本の歯の再生となりますが、骨があまりにも無いため骨を造る治療から行い、それが定着したらインプラントの計画をし

ました。

臼歯部はサイナスリフト(上あごの骨を大幅に再生する技法)前歯部はGBR法(キュウビック状のブロック骨をピンで固定する骨移植)

で骨幅を増やす治療を行いました。

今回はかなりハードな骨造成で範囲も広かったのですが、多少腫れが出た程度で痛みも鎮痛剤の服用で間に合う程度だったとの事でした。

骨が硬くなるのを6か月待ってその後インプラントを埋入する予定です。

今後も、もっと技術を磨き安心安全なインプラント治療が提供できるように学びたいと考えております。

 

審美を意識した前歯インプラント

こんにちは、及川です。

今回の患者さんは、益子在住の50歳代の女性の方です。

主訴は他院で前歯の差し歯の治療を行ったところ何度も取れてしまい困っているとの事でしたので、取れた部分をマイクロスコープ(歯を拡

大する特殊な装置)で診査診断すると歯根の部分の側壁が薄くなっていて亀裂も確認できました。

何度も取れてしまう原因はその亀裂で、歯に力が掛かった時に亀裂が開き脱離してしまうという事がマイクロスコープを使用することで

診断できました。

レントゲンでも確認すると歯根の先が化膿しており大きく骨が吸収しているのも診断できましたので、この歯を保存して使用すると骨が

どんどん吸収してしまう事も診断できたため抜歯の必要性をご説明し、同意を得ることが出来ました。

抜いた後は入れ歯、ブリッジ、インプラントとなりますが他の歯に負担が無いようにしたいとの要望がありましたので、費用や術式、治療

期間をご理解して頂けるまで説明しインプラント治療を選択されました。

今回のような審美ゾーン(見える部分)のインプラント治療での再生は、抜歯を先に行って放置してしまうとその部分の骨が痩せてしまい

インプラント本体が埋入できない、治療後凹んで見えて見た目が悪くなることがありますので、抜歯と同日にインプラントを埋入し同時に造

骨(骨を増やす治療)を行わなければなりませんのでそれを考慮し今回は治療を行いました。

インプラント治療は術前の診査診断が成功のカギを握っているのです。

 

 

スタッフからのバレンタインチョコ2022

こんにちは、及川です。

2月14日バレンタインデーにスタッフからチョコをいただきました。

毎年豪華なチョコをいただけるので、この日は1日中嬉しい気持ちになります。

今度は私があげる番になりますので、スタッフが1日中嬉しくなるようなものを探したいと思います。

毎年ありがとうね!

スタッフからのバースデープレゼント

こんにちは、及川です。

2月11日当院スタッフからサプライズバースデープレゼントをいただきました。

私のパソコンにぴったりサイズのパソコンケース(たまにパソコンをスタッフに貸すのでその時にサイズを測ったのかなー)

私の一番好きな焼酎「魔王」+ケーキをいただきました。

最近パソコンに傷が増えたりしていたので、どうしようと考えていたところだったので大変うれしいプレゼントでした。

焼酎についてはスタッフに話したことが無いのですが、この「魔王」は高級焼酎なので何かのお祝いの時に自分へのプレゼントとして

たまに購入していたものでした。

それが自分で買わずにバースデーで飲めるなんて本当に幸せです!

いろいろ考えてプレゼントしてくれたんだな~と感じ本当にうれしいバースデーとなりました。

スタッフのみんなありがとう(^^♪

 

GBR法で骨造成(インプラント治療)

こんにちは、及川です。

今回の患者さんは、真岡市からお越しの50代男性です。

主訴は左下の歯が痛くて噛めないという事でレントゲンを撮影すると、その歯の部分の骨がかなり吸収してしまって保存が難しい状

態なのが確認できました。

患者さんにこの状態を詳しく説明すると抜歯後は入れ歯ではなくインプラントを希望されたので、CTレントゲンによる3D画像でもっと

詳しい診断を行うと下顎管と言う神経と動脈の近くまで骨が吸収していたので、すぐにインプラント本体を埋めることが出来ない事が

診断できました。

このようにインプラント術前の診断をCTレントゲンとインプラントシュミレーションソフトを使用して精密に行い、それからインプラント

治療を行わないと痺れや大量出血が起こりますので、この診断が成功のカギを握ると考えます。

この患者さんは抜歯を行いGBR法と言う骨を増やす方法を行って、確実にインプラント本体を埋められる状態にして6か月待って

2回目のCTレントゲンを撮影して再度インプラントシュミレーションソフトで最も適合するインプラント本体(長さ・太さ・形状・材質)

を選択することにより、長期使用できるインプラントが可能となります。

当院では上記のように何度も診査診断を繰り返し行い、より安心安全確実なインプラント治療を目指し日々治療出来ればと考えております。

 

新年のあいさつ

明けましておめでとうございます。

今年も及川歯科医院を宜しくお願い致します。

当院の理念は「及川歯科医院に出会えて良かった」と思って貰える歯科医院である事ですが、理念をかなえる2022年の目標として

①患者さんの待ち時間を少なくスムーズに案内できるような体制を整える

②極力痛みが少ない歯科診療を提供できるよう心掛ける

③インフォームドコンセント(説明と同意)をやさしく丁寧に行う

この3つの事が現実となるよう歯科診療に取り組んでいければと考えております。

また各システムのデジタル化により、最新で正確な歯科医療が提供できる歯科医院も目指します。

今後とも当院を宜しくお願い致します。

 

 

過去のブログを見るにはこちらをクリック

アーカイブ

2022年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  




医療連携医院

PAGE TOP