ブログ

今日のインプラント治療「GBR造骨法」

こんにちは、院長の及川です。

今日のインプラント治療はひどい歯周病により抜歯をした右下のところへ2本

のインプラントを行いました。

歯周病に関しては及川ぺリオシステムという歯周病治療を行いました。

かなりの歯周病だったためインプラントを行う場所に骨がなくこのままではイン

プラントが出来ないため「GBR造骨法」という人工の骨をのせてメンブレンとい

われる吸収してしまう膜状で覆うことにより6か月後には骨がしっかりできて

噛める状態になります。

このように今は骨のない部分に骨を簡単に増やすことができほとんどの部分に

インプラント治療が可能です。

もし骨がなくてできないと言われた方がおりましたら相談してください。

関連記事

  1. インプラント再建歯学研究会で講演
  2. インプラント実践コース(第5回)に参加
  3. 骨のない上あごに対するインプラント
  4. 今回のインプラント ソケットリフト法
  5. インプラント実習セミナーに参加
  6. 1日でソケットリフト法、リッジエクスパンジョン法、抜歯即時GBR…
  7. ノーベルバイオケア社 X-ガイド発売記念オンラインセミナー
  8. 医療安全講習会に参加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
過去のブログを見るにはこちらをクリック

アーカイブ





医療連携医院

PAGE TOP