ブログ

インプラント再建歯学研究会

こんにちは、及川です

2月17日に私の所属するインプラントスタディーグループの、インプラント再建歯学研究会の勉強会に参加しま

した

この日学んだのは、インプラントの素材と長さによって経年的にどのような変化をして、長持ちするのはどんな

ものなのかです

データ的には10ミリ以上のインプラントを使用するのが条件で、そのほかに差異はあまりないようです

私は患者さんのケアの状況(歯ブラシ)や食物の種類が重要だとおもいます

インプラントは日ごろの管理が重要です

何でも食べられますが、毎日硬いものばかりだと壊れます、自動車も毎日高速道路を走ると壊れやすいのと

同じで限界はあります(肉、魚、野菜で壊れることはまずありません)

また、歯ブラシなどの清掃も怠ると壊れます、自動車もメンテナンスをしないとダメなようにです

しかし、逆にこれをちゃんとすれば、10年20年30年と長持ちします

技術は年々進化していますので治療も簡単になっておりますので、心配しないで受診して下さい

関連記事

  1. インプラント先駆者の講演会
  2. 講習会に参加してきました
  3. インプラント実習セミナーに参加
  4. オールオン4とザイゴマインプラントセミナーに参加
  5. インプラント上部構造(歯の部分)のデジタル印象とその設計方法
  6. 訪問診療のセミナーに参加
  7. 患者様満足度アップセミナー
  8. インプラントの実践コースセミナーに参加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
過去のブログを見るにはこちらをクリック

アーカイブ





医療連携医院

PAGE TOP