ブログ

インプラント治療

こんにちは、及川です

今回のインプラント治療は、益子町にお住まいの72歳の男性です

主訴は上下奥歯が噛めないで、抜歯になりました

しかし、入れ歯は入れたくないということなのでインプラントを選択なさいました

下は第1大臼歯をへミセクション(2本の歯根を1本に分割する治療)という少し特殊な治療を行い、なるべく自

分の歯を残してその後ろにインプラントを1本入れて、抜歯した歯根の形の穴に人工の骨を入れて、患者さん

の血液を採取し特別な機械にかけ、その血液の骨の出来る成分(フィブリン)だけを取り出し一緒に入れました

この方法を行うことにより、骨のないところの再生能力がアップします

上あごには1本のインプラントを奥歯に入れて、予算の関係もありブリッジにする予定です

骨がない方のインプラントに対してはいろいろな造骨方法で再生できますので、他の歯科医院で骨がないので

出来ませんと言われた患者さんもぜひ相談してみてください

関連記事

  1. 骨を増やし前歯審美回復のインプラント
  2. インプラントと歯周病の講習会
  3. インプラント再建歯学研究会で講演
  4. 骨が柔らかいケースのインプラント
  5. オールオン4とザイゴマインプラントセミナーに参加
  6. 骨のない上あごに対するインプラント
  7. 骨造成を伴うインプラント治療
  8. 上あご全体再生インプラント

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
過去のブログを見るにはこちらをクリック

アーカイブ





医療連携医院

PAGE TOP