ブログ

骨がないところへのインプラント

こんにちは、及川です

今回行ったインプラントは、40代の女性で左上と右下の歯が無いケースです

左上は骨の厚みが1.5mmしかなく、当然このままではインプラントは行えません

どのようにしたかと言いますとサイナスリフト(サイナスエレベーション)という上あごの横の部分から小さな穴をあけて骨をつくる方法と同時に

インプラントを入れていくという、非常に難易度の高い治療法を応用して行いました

このような方法を行うことにより、治療期間を半分に短縮できます

患者さんの立場で考えると、出来るだけ短期間で終了するというのは非常に大切なことだと私は考えます

右下は骨の幅が約5ミリしかなく、やはりこのままではインプラントできないため、リッジエクスパンジョン(スプリットクレフト)という

骨の幅を広げる超音波振動機(ピエゾサージェリー)を行い、さらにボーンスプレッターというネジ式の骨の幅を広くする装置で適正な幅にして

インプラントを骨に入れるという方法を行いました

当院では最新のCT(立体映像レントゲン機械)で事前診査を密に行い、いろいろなケースのインプラントに対応しております

この患者さんも7,8か月後には、20代の時と同じような食事を楽しめるようになることでしょう

早く患者さんの笑顔が見れるといいなとオペ後に思いました

関連記事

  1. 1本のインプラント
  2. 今日のインプラント治療「GBR造骨法」
  3. 造骨(増骨)インプラント
  4. 今回のサイナスリフト(上あごの骨を増やす方法)
  5. インプラント実践コースに参加
  6. 骨のない上あごに対するインプラント
  7. 骨を増やし前歯審美回復のインプラント
  8. 静脈内鎮静法を行い同日左右のサイナスリフト+同時インプラント埋入…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
過去のブログを見るにはこちらをクリック

アーカイブ





医療連携医院

PAGE TOP