ブログ

前歯のインプラント

こんにちは、及川です

今回の患者さんは市貝町からお越しで、以前当院でインプラント治療を行った方からの紹介でお越しにななった、50歳代の女性の方です

主訴は右下の犬歯を10年前に失い、周りの歯を削るのが嫌で詰め物でカバーしていたそうですが、何度も何度も取れてしまいかなり悩んでいたそうです

右下の犬歯が無いせいで、右側で噛むことすら出来なくなったそうです

それを同僚にお話ししたところ、インプラント治療を進められての来院です

歯周治療を行い他の歯を丈夫な状態にしてからインプラント治療を行いました

10年前に失ったということで、CT(立体映像レントゲン)で診査するとかなり骨がない状態で、高さはあるものの厚みは(幅は)5ミリ程度でした

このような時はボーンスプレッター法というネジのようなものを細いものから太いものへ順番にねじ込んでいくことにより、骨を太くする方法で行えば

容易にインプラントが可能になります

この方法を行い骨の本当に薄い部分に人工の骨を盛り足してあげれば完成です

以前は出来ないといわれていたところにも、新しい技法を行えば大抵の部分にインプラント治療は可能です

他の歯科医院でインプラントをお断りされた方も、当院には多く来院されますので、お困りの方がいらしたら相談だけでもいらしてください

きっといい治療法を紹介できると思います

関連記事

  1. 今日のインプラント治療「抜歯即時埋入法」
  2. 新歯科医院の完成報告
  3. 1本のインプラント
  4. インプラントリフレッシュコースに参加
  5. 日本口腔インプラント学会専門医 模擬口頭試問
  6. 上あごの骨1ミリのインプラント
  7. GBR法で骨造成(インプラント治療)
  8. ビジョナリーセミナーに参加しました。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
過去のブログを見るにはこちらをクリック

アーカイブ





医療連携医院

PAGE TOP