ブログ

骨を増やしてののインプラント

こんにちは、及川です

今回の患者さんは那須からお越しの40歳代の男性です

食事をするとブリッジに痛みがあるといううことで来院され、レントゲンを撮影するとすでに化膿して保存が不可能な状態の歯になっていました

最初からインプラントのご希望があったためCT(立体映像レントゲン)を撮影すると骨の吸収も著しく重傷な状態で抜歯と診断しすぐにインプラントを計画しました

全部で4本のインプラントが必要で、そのうち2か所は骨の吸収が著しかったためGBR法(骨を再生する方法)を行って同日にインプラントを行うという治療を行いました

レントゲンで事前に確認し予想していたよりも骨の吸収が大きかったため少し時間はかかりましたが、インプラントを入れてからのレントゲンでかなり良好な状態であることが確認できました

骨を大幅に増やす方法を行った場合は6か月、骨が固まるのにかかりますが、その後は良好に咬めることでしょう

この患者さんは治療後那須まで車でお帰りになるため、その途中で痛みの無いように術後に痛み止めと腫れ止めを飲んでいただき、麻酔も途中で切れないように追加するなどの配慮もしました

当院では遠方からの患者さんも多いためこのような配慮もしておりますので、安心して受診してください

関連記事

  1. デンタルフェアに参加
  2. 骨を増やし前歯審美回復のインプラント
  3. インプラント診査診断のセミナーに参加
  4. インプラント CT診断 難症例
  5. 右上下2本ずつのインプラント治療
  6. プレゼンをしてきました。
  7. 5本のインプラント治療をしました
  8. インプラント治療をしました

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
過去のブログを見るにはこちらをクリック

アーカイブ





医療連携医院

PAGE TOP