ブログ

交通事故で喪失した歯にインプラント

こんにちは、及川です

今回のインプラントは、筑西市からお越しの20歳台の男性で、交通事故により上の前歯2本を失いそれを修復するための

インプラント治療を行いました

CT(立体映像レントゲン)による診断を事前に行い、強打した時に前歯の喪失とともに、歯槽骨の骨折もあることも確認済みで

実際その部分の歯肉を開いてみると、左側が特に骨折の跡が見られました

骨を温存するために、ボーンスプレッターという装置で骨をなるべく削らずに骨をひろげるスプリットクレフト法を応用してのイ

ンプラント埋入を行い、骨折した部の骨の無い部分にGBR法という骨を増やす方法で修復し、終了しました

半年後には前歯でもしっかり咬める状態になると思いますので、それまで患者さんには仮歯でガンマンしていただきたいと思いま

この様にいろんな装置、技法でほとんどのインプラント治療が可能ですので、お困りの方は是非ご相談ください

関連記事

  1. インプラント治療
  2. 今回のインプラント(GBR法後のインプラント)
  3. リッジエクスパンジョン法、ソケットリフト法、GBR法でインプラン…
  4. 今日のインプラント治療「ソケットリフト・ピエゾサージェリー併用法…
  5. 日本口腔インプラント学会認定講習会で講演
  6. 講習会に参加してきました。
  7. インプラント実習セミナーに参加
  8. 今日のインプラント治療「GBR造骨法」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
過去のブログを見るにはこちらをクリック

アーカイブ





医療連携医院

PAGE TOP