ブログ

2本のインプラント

こんにちは、及川です

今回の患者さんは二宮からお越しの70歳代男性です

5年前にも5本の欠損に対して、インプラントを行いその歯がしっかり噛めているため、ブリッジの土台が破損し保存不可能になったため今回もインプラント治療をご希望なさいました

抜歯を行った後、感染予防の目的でその部分の歯肉が再生するのを待ち、歯肉が良好になつて縫合できる状態になってからのインプラント治療になりました

高齢の患者さんは若い方よりも治療による感染のリスクがあるため、成功率を向上させるための目的ですぐに行う方法ではなくこのような方法にしました

歯肉を開けると抜歯した穴がまだ残っていましたので、その部分に骨を増やす治療を行い2本のインプラントを入れて終了となりました治療時間は30分ぐらいで、高齢でしたので負担にならないよう治療

時間も短時間で終わるように心がけました

4か月ほど待って、噛める状態にしていく予定です

また喜んで使用していただければ幸いです

関連記事

  1. 今回のインプラント リッジエクスパンジョン法+ソケットリフト法の…
  2. 骨を増やしてののインプラント
  3. 下顎オールオン4と上顎オールオン6インプラント実習
  4. 3本のインプラント治療をしました
  5. 第49回日本口腔インプラント学会学術大会に参加
  6. 新歯科医院の建物位置確認
  7. インプラント上部構造(歯の部分)のデジタル印象とその設計方法
  8. オールオン4とザイゴマインプラントセミナーに参加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
過去のブログを見るにはこちらをクリック

アーカイブ





医療連携医院

PAGE TOP