ブログ

極細の骨にインプラント

こんにちは、及川です

今回の患者さんは、茨城県からお越しの50歳代の女性の方です

上あご前歯の差し歯が取れてしまったということが主訴で来院されました

上あごの前歯といえば差し歯が取れて見た目が最も悪くなる部分なので、大変お困りのようでした

大きなレントゲン、部分レントゲン、CT(立体レントゲン)3種類のレントゲンにて詳しく診断しもちろん説明も行い、前歯6本のうち1本しか保存可能な歯は無い

ことをお伝えし、インプラントでなければ入れ歯になってしまうこともお伝えしました

入れ歯はどうしても嫌だということでしたので、インプラント治療を選択なさいました

骨の状態は極細状態で、かなり厳しい状態で何度も何度もレントゲンで確認し、GBR法(骨を増やす方法)、スプリットクレスト(骨幅を増やす治療)、CGF法(自

己血液由来のフィブリンゲルを使用しての骨再生療法)などなど私の持っている手技をふんだんに使用してインプラント治療を行いました

かなり大変でしたが、無事終了し経過確認のお電話でも痛みもなく経過して良好でした

これで入れ歯ではなく、噛める歯を再生できます

今後は食事を少し気を付けていただければ長期に使用できるはずです

約半年骨が成熟するのを待たなければなりませんが、早く患者さんの笑顔が見れればと思います

関連記事

  1. 今回ののインプラント
  2. 抜歯即時インプラント
  3. インプラント実践12回コース終了
  4. 日本口腔インプラント学会 口腔インプラント専門医臨床技術向上講習…
  5. インプラント治療
  6. 9月17日と18日のインプラント治療
  7. デンタルフェアに参加
  8. インプラント実習セミナーに参加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
過去のブログを見るにはこちらをクリック

アーカイブ





医療連携医院

PAGE TOP