ブログ

造骨(増骨)インプラント

こんにちは、及川です。

今回の患者さんは、真岡市からお越しの40歳代の男性です。

この患者さんは、当院で以前インプラント治療を行った方からの紹介で来院され、今回右下の歯が食事中に破折し

保存不可能になったので、インプラント治療を初診の時からご希望していました。

レントゲンを撮影し診断すると、歯根破折後少し経過していたためかなり化膿しており、まず抜歯してその部分を

洗浄消毒し少し歯肉が治ってからのインプラント治療を計画しました。

骨の吸収が大きかったので、GBR法という骨を増やす方法をピエゾサージェリー装置(超音波の力で骨を調整す

る装置)を使用してのインプラント治療となりました。

今回は1本のインプラントでしたので骨を増やす治療とインプラントを入れる治療合わせても30分弱で完了するこ

とが出来ました。

消毒で次の日に来院され、術後も良好で腫れも痛みもなく、抜糸を行ってもいいかなと思えるほどの良好な歯肉の

状態でした。

当医院では、術後腫れ止めの処置とレーザー治療を行いますので、安心してください。

 

関連記事

  1. 今回のインプラント リッジエクスパンジョン法+ソケットリフト法の…
  2. 前歯のインプラント
  3. GBR法で骨造成(インプラント治療)
  4. 今回のインプラント
  5. 5本のインプラント治療をしました
  6. 上あご全体再生インプラント
  7. 骨を増やし前歯審美回復のインプラント
  8. インプラントコンピュータ分析セミナー参加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
過去のブログを見るにはこちらをクリック

アーカイブ





医療連携医院

PAGE TOP