ブログ

サイナスリフトインプラント

こんにちは、及川です。

今回の患者さんは益子在住の40歳代の女性の方です。

この患者さんは、ブリッジ(歯のないところを補うために両端の歯を削って歯を作る方法)の土台の歯が破折して

抜歯となり、入れ歯が嫌なためにインプラント治療をご希望なさいました。

抜けた部分は、鼻の横の上顎洞という空洞の部分で骨がほとんどないの部分だったので、サイナスリフト法という

上顎洞に大きく骨を増やす治療を行ってインプラントを行いました。

このサイナスリフト法で高さを造骨させましたが、骨幅もインプラントと同等ぐらいしかなかったので

リッジエクスパンジョン(骨幅を装置で広げる方法)とGBR法(骨を盛り足して骨幅を増やす方法)

を行いコツ造成させました。

CT(立体映像レントゲン)での術前インプラント設計シュミレーションで骨の高さ幅がかなり少ないことを確認し

てありましたので、骨を増やす治療になるかもしれないことをお話ししていましたが、無事インプラント体も

骨を増やす治療と同日に行えたので、治療終了が6か月早められます。

それを患者さんに報告すると非常にうれしそうでしたので、このような症例にも対処できるようになって

本当によかったなと私もうれしい気持ちになりました。

今後ももっと患者さんに喜んでいただける、インプラント治療を提供できるように、学んでいきたいと思います。

関連記事

  1. 1本のインプラント
  2. リッジエクスパンジョン法、ソケットリフト法、GBR法でインプラン…
  3. マロークリニック オールオン4インプラント オペ見学
  4. デーモン矯正セミナーに参加
  5. 骨が薄い部分へのインプラント
  6. サイナスリフト後のソケットリフト
  7. 針付き縫合糸の開発の為マニー株式会社が当院に訪問
  8. 今日のインプラント治療「ソケットリフト・ピエゾサージェリー併用法…
過去のブログを見るにはこちらをクリック

アーカイブ





医療連携医院

PAGE TOP