ブログ

インプラントの実践コースセミナーに参加

こんにちは、及川です。

熊本県にありますインプラントセンター九州で行われましたインプラントの実践コースに参加してきました。

今回はあごの骨がない患者さんにどのようなインプラントの種類・形状・長さのものが適しているのか、インプラントを骨に入れる場所をどのように選択していったらよいのかの講義の後に

実際のCTレントゲン(立体映像レントゲン)をコンピュータで詳しく分析して最も良い骨の部分はどこなのかを見つける方法、そしてその部にどのようにして

インプラントを埋入するかの設計方法を習得してきました。

またこの設計の通りにインプラントを簡単に埋入できるガイドサージェリー(コンピュータのシュミレーション通りに手術が行える装置)の設計方法も学びました。

この方法でインプラント治療を行えば、より確実で安心安全なインプラント治療が可能になります。

このインプラント実践コースは3年目ですのですでに当医院でも採用している治療方法ですが、さらなるバージョンアップが行うことができました。

今後もこのようなセミナーにどんどん参加して、患者さんに最新で最良のインプラント治療が提供できるように学んでいきたいと思います。

関連記事

  1. インプラント CT診断 難症例
  2. 今日のインプラント
  3. 日本アンチエイジング歯科学会に参加
  4. 日本口腔インプラント学会に参加
  5. 新歯科医院の建物位置確認
  6. 新歯科医院とインプラントオペ室、待合室
  7. ヒアルロン酸/ボツリヌストキシン注入治療導入セミナーに参加
  8. CGF・AFGシンポジウム 2015に参加
過去のブログを見るにはこちらをクリック

アーカイブ





医療連携医院

PAGE TOP