ブログ

今回のインプラント(GBR法と抜歯即時埋入法)

こんにちは、及川です。

今回の患者さんは、先日上あごにインプラントを行った益子在住の50代男性の患者さんで、今回は下あごのインプラントを3本行いました。

1か所目は自分の歯をかなり悪くなるまで使用し化膿してからの抜歯だったので、骨の吸収がかなり進んでおりその部分の骨の内部を清掃して

GBR法という骨を増やす治療と同時にインプラントを埋入しました。

2か所目は先ほどの歯のように化膿はしていませんが、使用しすぎてぐらぐらしていました。

その歯の部分は先に抜歯をしてしまうと骨の吸収が始まってしまい、理想的な長さのインプラントの埋入が出来なくなってしまうので

抜歯と同時にインプラントを埋入して同時にGBR法も行う抜歯即時埋入法を行いました。

3か所目は普通にインプラント埋入でしたので簡単に行う事が出来ました。

化膿が見られるときは抜歯を行ってからのほうがインプラントの定着率が高く、化膿がない場合には抜歯と同時にインプラントを埋入しても問題はありません。

この診断には、CTレントゲン(立体映像のレントゲン)をノーベルクリにシャンという特別なソフトに画像を入れ、時間をかけて細かな診断をする必要性があります。

インプラント治療は25年以上の経験がある私でも難しいと思う症例が沢山ありますので、今後も最新最良のインプラント治療が提供できるように学んでいきたいと思います。

関連記事

  1. 新歯科医院建設
  2. インプラントと体について
  3. インプラントリフレッシュコースに参加
  4. 新年のご挨拶
  5. 5本のインプラント治療をしました
  6. インプラント治療をしました
  7. 益子小学校の歯科検診
  8. 2本のインプラント
過去のブログを見るにはこちらをクリック

アーカイブ





医療連携医院

PAGE TOP