ブログ

今回のインプラント(骨幅を増やすリッジエクスパンジョン法)

こんにちは、及川です。

今回の患者さんは、当医院でインプラントを行った患者さんのご紹介で、那須郡からお越しの60歳代の女性の患者さんです。

この患者さんはブリッジの土台になっている歯が痛くて噛めない、化膿もしているということでお越しになりました。

最初に小さい部分レントゲンで確認すると、歯の周りが使い過ぎにより骨吸収が起こっていて残せる状態ではありませんでした。

それをお話しすると抜歯には同意していただけましたが、再度ブリッジにするのは避けたいといううことで、インプラント治療選択しました。

無料のCTレントゲン(立体映像レントゲン)とコンピュータの分析をすると周囲の骨がかなり吸収していましたので、抜歯後3か月ほど待って再度CTレントゲンで確認診査を行い

骨の幅を増やすリッジエクスパンジョン法という治療方法で、骨を出来るだけ温存してインプラントを埋入する方法を行いました。

この方法は骨を押し開いてなるべく骨を削らず、ご自身の骨を利用してシンプルに仕上げられるので非常に患者さん利益のある方法なので、当医院ではよく利用する方法です。

当医院はなるべく既存骨(ご自身の骨)を利用するシンプルインプラントを心がけております。

いろんな方法を駆使しないとできないケースもありますが、出来るだけシンプル治療のほうが予後がいいのは確実なので、今後も多くの技術を学んでシンプル治療に取り組んでいければと

思います。

関連記事

  1. 院内ミーティング
  2. 歯の内部(根の治療)院内セミナー実施
  3. 新歯科医院建設
  4. インプラントコンピュータ分析セミナー参加
  5. インプラント治療をしました
  6. コーヒーショップでインプラント本
  7. 新型コロナウイルス対策(受付)
  8. 及川歯科医院 2013年末総会
過去のブログを見るにはこちらをクリック

アーカイブ





医療連携医院

PAGE TOP