ブログ

骨が柔らかいケースのインプラント

こんにちは、及川です。

今回のインプラントの患者さんは、真岡市在住の60代の女性です。

CTレントゲン(立体映像レントゲン)で診断、骨に特別な異常もなく骨の大きさもしっかりしていて

このケースなら「普通にインプラントを入れて終了だな」と思いながら手術を開始しました。

最初骨の上層部は硬かったのですが、中に行けば行くほど柔らかな状態の骨で、急遽インプラントを削

る方法を変更、モディファイドアダプテーションテケクニックという上層部は普通に削り、中央部はそ

れより細めで下層部はそれよりさらに細めに削り、きつめにインプラントが骨の中に入るように形成し

ました。

治療途中で削り方の変更を行ったので、無事きつめにインプラントを骨に入れる事が出来ました。

このようにCTレントゲン(立体映像レントゲン)でしっかり診断を行っても、実際の骨の硬さや状態

が違っていることが多々あります。

当医院では学会、セミナーにいろ積極的に参加し、さらにいろいろなケースに対応できるように

していければと考えております。

関連記事

  1. 今日のインプラント
  2. 骨を作る最新の技法CGFの予後
  3. 当院に医院見学の先生が訪問
  4. インプラント実習セミナーに参加
  5. 5本のインプラント治療をしました
  6. 芳賀郡市歯科医師会主催のフッ素塗布
  7. 今回のサイナスリフト(上あごの骨を増やす方法)
  8. 認知症のセミナー参加
過去のブログを見るにはこちらをクリック

アーカイブ





医療連携医院

PAGE TOP