ブログ

骨が薄い部分へのインプラント

こんにちは、及川です。

今回の患者さんは、小山市からお越しの40代の男性です。

主訴はずいぶん前に前歯を失い固定性のブリッジを他院で行いましたが、今回土台となる歯がダメになりグラグラで

噛めないとの事でした。

この前歯に対しては歯を失いブリッジをした時から気になっていたようで、今回インプラントで土台から再生して

しっかり噛めるようにして、日常生活で気にならないようにしたいという強い要望もありました。

CTレントゲン(立体映像レントゲン)で確認するとその前歯部分の骨の中に埋伏歯(骨の奥に生えてこない歯)が存

在しているのが確認出来ました。

インプラントするにもこの歯をまず抜歯しなければインプラントを入れる事が出来ません。

更に何年も前に抜歯した部分でもあったため骨が非常に幅の薄い状態になっていて、左側は上顎洞という上あごにあ

る空洞部分(骨が無い部分)も非常に大きく張り出して骨の高さも無い状況でした。

このように詳しく診断するとインプラント治療をするには不利な条件が多数確認出来ました。

当医院には世界最高レベルといわれるインプラント診断ソフト、ノーベルクリ二シャンというインプラントシュミレ

ーションソフトがありますので、どのように骨の中の埋伏歯の抜歯を行いその部分にどのように骨を増やす治療を

行ったらよいのか、そしてその部に太さ何ミリ長さ何ミリでどのような形状のインプラントがこの部分には最適

なのか、時間をかけてコンピュータで診断を行って、この患者さんに最適なインプラント治療の提案を行っておりま

す。

手術当日には、その計画設計した画像を色々な角度でカットした画像をプリントアウトして要所要所で不備がないよ

うにその画像を確認しながら、勘に頼らず精密にインプラント治療を進めていきます。

このような前準備を入念に行う事によりより正確により確実なインプラント治療が可能になります。

当医院では、「自分がインプラントされるなら」という考えのもと、インプラント治療を行いますので

安心して受診してください。

関連記事

  1. 患者さんから感謝
  2. プレゼンをしてきました。
  3. 紹介患者さまに感謝
  4. 及川歯科医院の新年会
  5. 大臼歯1本のインプラント
  6. インプラントと歯周病の講習会
  7. インプラント治療
  8. インプラントの講習会で講演しました。
過去のブログを見るにはこちらをクリック

アーカイブ





医療連携医院

PAGE TOP