ブログ

サイナスリフトインプラント

こんにちは、及川です。

今回の患者さんは上三川町からお越しの40歳代の女性です。

右側上あごの歯のない部分については他の歯科医院でインプラントを行い、左上の歯のない

部分は骨がかなり薄い状態でインプラントが出来ないと言われたため当院に来院されまし

た。

早速、当院のCTレントゲン(立体映像レントゲン)で撮影を行い、ノーベルクリにシャン

というインプラントの設計ができる分析ソフトで詳しく診断を行うと、歯が無い部分の骨の

厚みが1~2ミリ程度しかありませんでした。

この状態のままではインプラント治療を行うことが出来ないので、サイナスリフト法という

骨を増やす治療を行ってから6か月待って、骨が十分硬くなってからインプラントを入れる

という治療計画と説明を患者さんに行いました。

実際サイナスリフト法で骨を増やす治療を行うと確かに1~2ミリの骨しかない状態でした。

しかし、骨の硬さがかなりあったためインプラントを入れる穴を工夫しドリル操作行うこ

とで、初期安定性(インプラントがその部で安定できる状態)が取れる状態になったため

サイナスリフト法で大幅に骨を増やす治療同日にインプラントを2本上あごに入れることが

出来ました。

この治療法はサイナスリフト法で穴を開ける場所と大きさ、インプラントを入れる部分の穴

を開ける場所と大きさにコツが必要で難易度の高いインプラント治療となります。

治療前の説明では噛めるようになるまで1年ぐらいかかるとお話ししましたが、同日に2つの

ことが出来たため治療期間を6か月短縮することが可能になりました。

術後患者さんにこの事をお話しすると、かなり喜んでくれたのでインプラント治療を追及し

学んできて良かったと思いました。

今後も患者さんのプラスになるインプラント治療が提供できるように学んでいければと考え

ております。

 

 

 

関連記事

  1. インプラントが終了した患者さまに
  2. 今日のインプラント治療「GBR造骨法」
  3. 下顎オールオン4と上顎オールオン6インプラント実習
  4. インプラントライブオペ見学
  5. 今日のインプラント
  6. インプラント治療をしました
  7. GBR法による骨再生(骨増生)インプラント
  8. ピエゾサージェリー+ソケットリフト+GBRインプラント
過去のブログを見るにはこちらをクリック

アーカイブ





医療連携医院

PAGE TOP