ブログ

あごの骨が無い部分へ骨を増やす治療

こんにちは、及川です。

今回の患者さんは、真岡市在住の50代の患者さんで、数年前左上の中切歯(前

歯)1本を失い他院でインプラントを行った既往がありました。

今回、右下の奥歯1本の欠損と右上の中切歯と側切歯(前歯2本)が根元の破折の

ため、その部分にインプラント希望で来院されました。

今回インプラントを行う部分をCTレントゲンで診査すると右下奥と前歯共に骨が

少なく、特に前歯は根破折のほかに大きな根元の化膿による骨吸収があることが分

かりました。

実際インプラント治療を行うと右下は骨を広げる治療(リッジエクスパンジョン)

を行いインプラントを入れることが出来たのですが、右上の歯は根の破折と根尖が

化膿していたのが原因で、CTレントゲンの画像以上に骨の吸収が大きかったため

抜歯即時のインプラントではなく、骨を増やすGBR法を行うことにしました。

インプラントは長期に機能させなければいけませんので、より正確で確実な治療方

法を選択することが必要だと考えます。

早く最終的な歯を入れるのも大切なことですが、長期に安定することが最も大切で

はないかと考えるからです。

今後も多くを学び患者さん最新で最良のインプラントが提供できればと考えており

ます。

 

 

 

 

 

 

関連記事

  1. 新歯科医院
  2. スタッフと家族からのバースデープレゼント
  3. 忘年会
  4. 新歯科医院
  5. インプラントセミナーに参加
  6. 新歯科医院
  7. 家族でズートピア
  8. インプラントのオペ見学
過去のブログを見るにはこちらをクリック

アーカイブ





医療連携医院

PAGE TOP