ブログ

上あごの薄いケースのインプラント

こんにちは、及川です。

今回の患者さんは鹿沼市からお越しの40代の女性の方です。

この患者さんは以前当院で右上のインプラントを行い、この時も上あごの骨が薄くサイナス

リフト(上あごの横から小さな穴を開けて骨を造る治療)を行いインプラント体を埋め込み

ました。

今回は左上のブリッジが噛み過ぎにより炎症を起こし、歯が動揺してしまっったために

抜歯となりました。

今回も入れ歯ではなく自分の歯のように噛めるようになりたいという事でしたので、抜歯後

3か月待って骨と傷口が治ってくるのを待って、CTレントゲンを撮影しインプラントシュミ

レーションソフト(ノーベルクリにシャン)にてシュミレーションを行いました。

すると左上の2本インプラント予定の前方部分が3ミリ、後方が1ミリ以下の骨の厚みと診断

され骨を増やす部分が10ミリ以上必要なことが分かりました。

インプラントオペ当日骨の厚みが3ミリの部分は、インプラントを入れて初期の安定性が

取れましたのでサイナスリフトと同時にインプラントを入れることが出来ましたが

後方は骨の厚みが1ミリ以下だったのと、かなり骨質がごそごそした状態でしたので

サイナスリフトで十分な骨を造って安定した骨になってから6か月後にインプラントを入れ

ることにしました。

この症例のように安定して入れられる場合は早くインプラントを入れて、安定しなそうな場

合はきちんと骨が出来るまで待ってインプラントを入れることによって予後の長期安定性が

望めます。

診査診断をきちんと行い、無理し過ぎずより確実な方法で手術を行うことが大切だと考えて

おります。

今後も患者さんに喜ばれるインプラント治療を目指して、頑張りますので今年もよろしくお

願いいたします。

 

関連記事

  1. インプラント再建歯学研究会で講演
  2. インプラントガイドサージェリー実習
  3. インプラント治療をしました
  4. 13日、14日のインプラント治療
  5. インプラント予定の患者様
  6. 日本口腔インプラント学会専門医 模擬口頭試問
  7. インプラント終了患者さまからの一言
  8. 2本の簡単なインプラント
過去のブログを見るにはこちらをクリック

アーカイブ





医療連携医院

PAGE TOP