ブログ

骨の少ない前歯部分への骨再生

 

こんにちは、及川です。

今回の患者さんは、50歳代の女性です。

右上アゴ側切歯(中央から2番目)の激痛により来院しました。

最初は歯の温存できる治療として、根の治療を行い投薬とヤグレーザーを使用し歯根

内部レーザー照射による熱消毒とキャビテーション(歯根内をブクブク泡立てて洗

浄するバブル洗浄)を行い、鎮静消毒作用のあるお薬を入れるなど私の出来る限り

の治療を施しましたが、痛みが引かない状態が続いたため患者さんの要望で抜歯となりまし

た。

その後抜歯した部分の歯肉が治るのを待って、CTレントゲンを撮影した映像が①の写真

です。

骨がかなり薄い状態になっており、先端が1ミリ 上方でも3.5ミリでとてもインプラントが

入れられる状態ではありませんでしたので、患者さんには今回はインプラントではなくブリ

ッジが良いのではないかとお話をしました。

しかしこの患者さんはどうしてもインプラント治療により歯を取り戻したいと強い希望があ

ったため、リスク部分もきちんと説明した上で骨造成を行ってからのインプラント治療を選

択しました。

人工骨のブロックをチタン製のネジで骨に固定し、骨の厚み(高さ)を確保、その周囲に

粉末の人工の骨を置くことにより補填した人工骨のボリュウームが増すように治療しまし

た。

術後の写真が②となりますが1ミリの部分が7ミリ、3.5ミリの部分が9ミリの厚みになり

長さも増すことが出来ました。

あとは5か月後に上の写真のようにCTレントゲンを再度撮影し、再診査診断を行い安定が確

認出来れば6か月後にインプラントを入れる治療を行う事になります。

最近、他の歯科医院でインプラント治療が出来ないと言われた方が「本当にできないのか」

また、他の歯科医院でインプラント治療を行ったが予後が悪いなど訴える方が多く来院され

ます。

そのような方も含め、当院に来ていただいた患者さんに対しては、私の出来る限りの技術を

応用して、喜んでいただけるインプラント治療が提供できればと考えております。

当院はインプラント相談したからと言って無理に進めていくことはありませんので

安心して相談、セカンドオピニオンでいらしてください。

今後も最新で最良のインプラント技術を習得し、ご提供できるよう頑張りたいと思います。

関連記事

  1. 5本のインプラント治療をしました
  2. 今日のインプラント
  3. 日本口腔インプラント学会 口腔インプラント専門医臨床技術向上講習…
  4. 奥の骨の無い部分にインプラント
  5. 歯科医師臨床研修医の指導
  6. 骨のない上あごに対するインプラント
  7. インプラント治療
  8. ノーベルガイドインプラントセミナーに参加
過去のブログを見るにはこちらをクリック

アーカイブ





医療連携医院

PAGE TOP