ブログ

抜歯即時インプラント

こんにちは、及川です。

今回のインプラント患者さんは宇都宮在住の30代男性です。

他の歯科医院で左下の奥歯が保存不可能だと診断され,本当に保存不可能なのかそして不可能なのであればそこにインプラント治療を考えた

いとセカンドオニオンで当院にいらっしゃいました。

レントゲン撮影後診査診断を行うと,奥歯から2番目の第一大臼歯歯根の先端にかなり大きな病巣(化膿した部分)2か所あり、抜歯は何時で

も出来るので、まずは根の治療を行って保存が可能なのか不可能なのかを確認しましょうと説明を行い根の治療を開始しました。

3回ほどレーザーなども使用し根管内の消毒や投薬を行い根の治療をしたのですが、内部から化膿した液が出てくるのと清掃消毒の出来

ない歯根(内部が開かない閉鎖した歯根管)があるので今後長期に使用するのは難しい、再発率が高いことを患者さんに説明しご納得いた

だき今回は抜歯してインプラント治療を行うということになりました。

診療方針は決定しましたが、すぐに抜いてしまうと骨が痩せてしまいインプラントが出来なくなることもありますので、痛くない場合は歯冠

部(歯の頭の部分)のみをカットして歯根部(歯の根元部分)のみにして骨の温存を図り、抜歯と同日にインプラントを入れる治療と骨を増

やす(GBR法)を同時に行う抜歯即時インプラント療法という技法を応用することも同時にご説明しました

このように抜歯即時インプラントを行うことで、インプラント周囲に骨を沢山残せるので長くて太いインプラント本体が埋入でき、強い力に

耐えられるインプラントとなります。

オペ当日、正確な診査診断のもと上記の方法で最良の長さ太さのインプラントを埋入することが出来ました。

このように事前の診査診断、そして経験で得た知識は歯科治療、インプラント治療を行うにあたりすごく大切です。

今後も最新で最良の歯科治療を提供できればと考えております。

 

 

 

 

 

 

関連記事

  1. 3ブロックを1回でインプラント治療
  2. ソケットリフトとGBRで1本のインプラント
  3. 矯正のセミナーに参加
  4. 2本のインプラント
  5. 今回のインプラント ソケットリフト法
  6. インプラントOZの会に参加
  7. 骨が薄くて高さの無いケースのインプラント
  8. 今日のインプラント
過去のブログを見るにはこちらをクリック

アーカイブ





医療連携医院

PAGE TOP