ブログ

骨が薄くて高さの無いケースのインプラント

こんにちは、及川です。

今回の患者さんは、真岡市にお住いの50代の女性です。

以前他の歯科医院でインプラントを行い、そのインプラントがぐらぐらになり噛めないという事で来院されました。

レントゲンで確認すると周囲の骨がかなり吸収し化膿した状態で、保存不可能なのも確認できたため即日に撤去しました。

その後CTレントゲンを撮影し、シュミレーションソフトで神経や骨の状況を診断すると、骨がい薄い部分や骨の高さが無い部分が確

認できました。

このようなシビアなケースでは、コンピュータでのCTレントゲンシュミレーションソフトを活用した診断が必須で、そのシュミレーシ

ョンの通りにインプラント手術が行えるガイドサージェリ―(インプラントを正確安心安全に行うことが出来る装置を使用した手術法)

を当院では推奨しております。

3D画像(CTレントゲン)も撮影せず、フリーハンドによるインプラント治療(経験と勘だけに頼ったインプラント治療)でこの症例を行

うことはできません。

この症例では骨の薄いところはリッジエクスパンジョン(骨を徐々に拡大していく方法)で、骨の高さの無いところは抜歯即時埋入法+GB

R法(抜歯した当日に周囲既存骨を温存し、人工骨を追加して骨を増しインプラントも同日に骨に入れてしまう方法)で行いました。

事前の細かな診査診断が無ければ難症例を成功させることは出来ません。

今後も、最新で最良のインプラント治療が提供できるよう日々学んでいければと考えております。

 

関連記事

  1. 今回のインプラント治療
  2. ビジョナリーセミナーに参加しました
  3. ピエゾ サージェリー インプラントを行いました。
  4. 上あごの骨が少ないケース(奥歯のケース)
  5. インプラント治療
  6. インプラント上部構造(歯の部分)のデジタル印象とその設計方法
  7. インプラント予定の患者様
  8. インプラント実習セミナーに参加
過去のブログを見るにはこちらをクリック

アーカイブ





医療連携医院

PAGE TOP