ブログ

抜歯3か月後のインプラント

こんにちは、及川です。

今回の患者さんは、益子在住の40歳代の女性です。

奥歯の虫歯を長い間放置してしまったために残根状態(歯の頭の部分がなくなり根の部分だけになった状態)で食べ物が噛めない

という主訴で来院されました。

根の治療を行いその上に土台を立てることが出来れば歯として再生できるのですが、この患者さんの歯はそれが出来ないくらい虫歯が進行し

ており、修理してかぶせ物で再生する事は不可能なので、患者さんに同意をいただいて早めに抜歯しました。

早期に抜歯した理由は、抜歯をすると骨は痩せてしまうのですがCTレントゲン診断で抜歯を行ってもインプラント治療が可能と診断できた

ので、早く抜歯し歯肉を治癒させてインプラントを行うと早く噛めるようになるからです。

同じようなケースでも、審美ゾーン(笑って見える部分の歯)の場合は抜歯即時(抜歯と同時に)インプラントを行わないと骨の吸収で

見た目の悪い状態になる事がありますので、インプラント治療の診査診断は経験を要します。

今回3か月後にCTレントゲンで診断すると骨が成熟とまではいっていませんが、簡単な骨の調整を行えばインプラントが可能な状態になっ

ていたので、CTレントゲン上に理想的な位置にインプラントが入るようインプラントシュミレーションを行い、その後インプラント手術を

行いました。

インプラント治療はテクニックスキルも必要ですが、術前の診査診断で予後が決定するといっても過言ではありません。

ですので当院では、世界で最も精度が高いと評価を受けているノーベルバイオケア社のシュミレーションソフト(インプラント設計装置)

DTXを採用し、術前に細かなCTレントゲンでの診査を行い最も条件の良い骨の部分にインプラントを入れられるよう心がけております。

今後も患者さんに満足していただけるインプラント治療が提供出来ればと考えております。

 

関連記事

  1. マロ・クリニック インプラントセミナーに参加
  2. 骨の少ない前歯部分への骨再生
  3. 抜歯即時インプラント
  4. 今回のインプラント(骨幅を増やすリッジエクスパンジョン法)
  5. 今回のインプラント
  6. オールオン6インプラント
  7. 骨が薄くて高さの無いケースのインプラント
  8. 日本口腔インプラント学会専門医 模擬口頭試問
過去のブログを見るにはこちらをクリック

アーカイブ





医療連携医院

PAGE TOP