ブログ

審美を意識した前歯インプラント

こんにちは、及川です。

今回の患者さんは、益子在住の50歳代の女性の方です。

主訴は他院で前歯の差し歯の治療を行ったところ何度も取れてしまい困っているとの事でしたので、取れた部分をマイクロスコープ(歯を拡

大する特殊な装置)で診査診断すると歯根の部分の側壁が薄くなっていて亀裂も確認できました。

何度も取れてしまう原因はその亀裂で、歯に力が掛かった時に亀裂が開き脱離してしまうという事がマイクロスコープを使用することで

診断できました。

レントゲンでも確認すると歯根の先が化膿しており大きく骨が吸収しているのも診断できましたので、この歯を保存して使用すると骨が

どんどん吸収してしまう事も診断できたため抜歯の必要性をご説明し、同意を得ることが出来ました。

抜いた後は入れ歯、ブリッジ、インプラントとなりますが他の歯に負担が無いようにしたいとの要望がありましたので、費用や術式、治療

期間をご理解して頂けるまで説明しインプラント治療を選択されました。

今回のような審美ゾーン(見える部分)のインプラント治療での再生は、抜歯を先に行って放置してしまうとその部分の骨が痩せてしまい

インプラント本体が埋入できない、治療後凹んで見えて見た目が悪くなることがありますので、抜歯と同日にインプラントを埋入し同時に造

骨(骨を増やす治療)を行わなければなりませんのでそれを考慮し今回は治療を行いました。

インプラント治療は術前の診査診断が成功のカギを握っているのです。

 

 

関連記事

  1. 今日のインプラント治療「ソケットリフト・ピエゾサージェリー併用法…
  2. 京セラメディカル社 インプラントセミナーに参加
  3. 今日のインプラント
  4. インプラント専用解析ソフト
  5. インプラント実習
  6. インプラント治療
  7. 5本のインプラント治療をしました
  8. インプラント手術ナビゲーションシステム Xガイド
過去のブログを見るにはこちらをクリック

アーカイブ





医療連携医院

PAGE TOP