ブログ

上あごの骨がかなり無い部位へのインプラント

こんにちは、及川です。

今回の患者さんは,佐野からお越しの40歳代の女性の方です。

初診時右上の犬歯に炎症がありかなりの排膿が診られましたので、口腔内のクリーニング後直ぐに抜歯を行いその後インプラント希望だった

のでCTレントゲン(立体映像レントゲン)を撮影しました。診断すると抜歯部はもちろんその前後も骨の厚みが2ミリ程度のところもあり

かなりの骨吸収があることが診断できました。

治療としては右側4本の歯の再生となりますが、骨があまりにも無いため骨を造る治療から行い、それが定着したらインプラントの計画をし

ました。

臼歯部はサイナスリフト(上あごの骨を大幅に再生する技法)前歯部はGBR法(キュウビック状のブロック骨をピンで固定する骨移植)

で骨幅を増やす治療を行いました。

今回はかなりハードな骨造成で範囲も広かったのですが、多少腫れが出た程度で痛みも鎮痛剤の服用で間に合う程度だったとの事でした。

骨が硬くなるのを6か月待ってその後インプラントを埋入する予定です。

今後も、もっと技術を磨き安心安全なインプラント治療が提供できるように学びたいと考えております。

 

関連記事

  1. インプラントの実習
  2. 骨が薄い部分へのインプラント
  3. インプラントセミナーで講演しました
  4. 今回のインプラント
  5. インプラントが終了した患者さまに
  6. 上あごの骨が少ないケース(奥歯のケース)
  7. 2本の簡単なインプラント
  8. インプラントOZの会での講演
過去のブログを見るにはこちらをクリック

アーカイブ





医療連携医院

PAGE TOP