ブログ

骨の幅が少ないケースのインプラント

こんにちは、及川です。

今回の患者さんは下野市在住の50代の男性です。

主訴は左右の歯の無い部分にインプラント治療がしたいとのことでした。

口腔内を拝見すると歯の無い部分の骨幅がかなり細い状態になっていたので、CTレントゲン(立体映像レントゲン)であごの状態を撮影し、その映像をイ

ンプラントシュミレーションソフト(ノーベルバイオケア社DTX)を利用して血管神経・骨の状態の診査診断を行い、実際インプラント治療が可能なのか

を確かめる事にしました。

CTレントゲンで診査診断したところ左右ともにかなり細い状態でしたが、エクスパンジョン法(骨の幅を広げる技法)を行いブローネマルク社製のエクス

ターナルインプラントマークⅢ(奥歯で使用できる細めのインプラント)を使用すれば何とかインプラント治療が可能なことが確認できました。

実際インプラントオペを行うとシュミレーション通りの骨の状態でしたので、スムーズにオペを行うことが出来ました。

このようにCTレントゲンを撮影して画像だけを診るのではなくインプラントシュミレーションソフトに画像を入れ込み、術前に時間を十分かけて慎重に血

管神経の記入を行いそれを避けて最適なインプラントの種類・長さ・太さを選択し、何度もそのシュミレーションでよいのかを確認し大丈夫であればそのデ

ータをもとに正確な位置に埋入(インプラントを入れる)することが出来るいサージカルガイド(インプラント埋入外科装置)を製作し、その装置で手術を

行うことが大切です。

しかし、ここまでを行ってインプラント治療を行っている歯科医院はまだまだ少なくアンケートのデータで10%以下というのが実際のようです。

今後も安心安全なインプラント治療が提供できるよう、学んでいきたいと考えております。

関連記事

  1. インプラントセミナー
  2. オールオン6インプラント
  3. 最新インプラント治療
  4. インプラント診査診断のセミナーに参加
  5. 糖尿病患者さんへのインプラント
  6. 大臼歯1本のインプラント
  7. 8月1日のインプラント治療
  8. インプラント再建歯学研究会で講演
過去のブログを見るにはこちらをクリック

アーカイブ





医療連携医院

PAGE TOP