静脈内鎮静法

当院では、静脈内鎮静法の麻酔を用いたインプラント手術が可能です。
麻酔専門の先生が静脈内鎮静麻酔を行いますので、安心して受けていただけます。
インプラントに興味はあるけれど、手術が怖いから…治療を受けることに踏み切れないという方もいるのではないでしょうか?
静脈内鎮静法では、腕の静脈から鎮静薬を点滴でお入れしていきます。お薬の効果で、手術を眠った状態で受けることができます。
個人差はごさいますが、うたた寝をしている間に目が覚めると治療が終わっているという感じなので、今まで静脈内鎮静法で手術された患者様には好評です。
患者様にお話しを伺うと、”手術中の記憶はない”と言われる方が多いです。

静脈内鎮静法の良いところとして、
健忘効果、手術中の不快感の軽減、嘔吐反射を抑えることができる等あります。
持病がある方も、全身の管理を麻酔科医が行いますので安心です。

静脈内鎮静法の注意事項として、
静脈内鎮静法を行った日は、車やバイク・自転車の運転をすることができないため、ご家族の送迎またはタクシーを利用していただくことになります。
手術当日の6時間前から食事を控えてもらうことになります。
鎮静のお薬の効果は1時間程度で切れますが、まれに数時間経った後にふらつくことがありますので、手術当日はご自宅でゆっくりお過ごしいただくことをおすすめしております。

歯科治療に恐怖心がある方や嘔吐反射のある方は今までの歯科治療は大変な想いをされた方も多いと思います。
選択肢の1つとして静脈鎮静法麻酔があることを知っていただける機会となれたら嬉しいです。

ご興味ある方はご遠慮なくお声掛けください。
糸井

糖尿病と歯周病

糖尿病の患者さんは全国に約1000万人ほどいらっしゃいます。
近年糖尿病が歯周病を誘発し、歯周病が糖尿病を誘発することがわかってきました。
どのように関係しているのでしょうか。

糖尿病では免疫が低下することが知られています。
免疫とは体内に入った細菌などを白血球などが攻撃することです。
ところが、高血糖の状態では、白血球などの働きが低下してしまい、さまざまな感染症にかかりやすくなってしまいます。
また、高血糖の影響で歯の様々な組織が劣化したり、歯の周囲の血行が悪くなることも関係すると考えられます。

他方、歯周病の炎症が関係します。
炎症とは、生体の障害に対する防御反応ですが、そのために、特殊な細胞が集まってきます。
これらの細胞や炎症物質が体内を駆け巡ります。
それらが、インスリンの働きを妨げてしまいます。
しかし、糖尿病の患者さんの多くは、歯周病のことを意識していません。

自分が歯周病になっていないかどうか、チェックしてみましょう。

口臭を指摘されたことがある。自分で口臭があると感じる。
朝起きたときに、口の中がねばねばしてると感じる。
歯を磨くと、歯ぐきから血が出る。
歯ぐきがムズムズして痒い。
歯ぐき腫れぼったい。
歯ぐきを押すと血が出る。

3つ以上あてはまれば、軽度から中等度の歯周病が疑われます。

糖尿病の人が歯周病を治療すれば、糖尿病も改善します。
歯周病の炎症が無くなれば、全身に広がらなくなり、インスリンの働きが改善して、血糖値が改善すると考えられます。

枝村

正しい入れ歯の洗浄方法

こんにちは。勤務医の菊池です。

今回は、入れ歯の正しい洗浄方法についてお話していきたいと思います。

はじめに、
入れ歯を外し流水下で汚れやぬめりを洗い流していきます。(この際、お湯などは使用しないで下さい。)落ちない汚れは、入れ歯専用の義歯用歯ブラシなどを使っていただくとよいです。

【正しい入れ歯の洗浄】
1.口臭予防
 入れ歯は、おもにレジンというプラスチックの材料でできています。これは、水分を吸収するため、汚れがつきやすく細菌の温床になります。そうなると、口臭が発生しやすくなります。
予防には、水で濯ぎ洗いした後、入れ歯専用ブラシで清掃し、時々義歯洗浄剤を使っていただくと効果的です。

2.歯周病になるのを予防できる
 入れ歯を入れている方で歯が残っている場合、歯周病になることがあります。それは、入れ歯のばねがかかる部分が特に汚れやすいのですが、その部分の歯の清掃が不十分ですと歯周病になってしまします。通常の歯ブラシで届きにくい時は歯間ブラシやタフトブラシを用いるとよいです。

3.入れ歯を長持ちさせる
 正しく清掃することで、入れ歯に汚れや着色がつきにくくなり、長持ちさせることができます。

4.誤嚥性肺炎を予防
 入れ歯は、思っているよりも汚れや細菌が付着しています。これらの中には、誤嚥性肺炎の原因となる細菌が存在し、食べ物と一緒に飲み込むことで肺炎になる可能性があります。

【間違った入れ歯の洗浄方法】
入れ歯のお手入れでよくやってしまいがちの内容をご紹介します

1.普通の歯ブラシで磨いてしまう
 入れ歯は、軟らかい素材でできていますので、通常の歯ブラシで磨くと表面にキズがついてしまします。そうすると、細菌や汚れなどが付着しやすくなり、逆効果です。

2.歯磨き粉で磨く
 1.の内容と重なりますが、歯磨き粉は研磨剤を含んでいるためキズつきます。

3.入れ歯を入れたまま残っている歯と一緒に磨いてしまう
 入れ歯にキズがつくのはもちろんですが、外さないことにより入れ歯の内側に汚れがついたままになります。

4.お湯で洗う
 熱湯消毒という考えでお湯を使用してしますと、材質がプラスチックですので変形、破損してしまいます。

以上、長くなりましたが正しい入れ歯のお手入れをしていただく事で長持ちさせることができ、また残っている歯がある場合は歯を守ることに繋がります。

当院では、入れ歯を作った方対象に、入れ歯の取り扱い方などをまとめた資料をお渡ししています。

舌ケアですっきり★

みなさんは舌のケアしていますか?
ドラックストアにいくと様々な舌用のブラシが置いてあるかと思います。
私は一年ほどまでは舌ブラシしたことがなかったのですが、
衛生士さんが当院で扱う舌ブラシをどれにしようかと研究する中で、
私も二種類の舌ブラシを試しました。
おえっとしやすいタイプではないのですが、舌の奥の方から手前にブラシを当てるとおえっとしそうな危ない感じがしました。笑

今当院で扱っている舌ブラシはブラシという感じではなく
プラスティックのフレームで、「へぇ~これも舌ブラシなんだ~」という感じです。
プラスティックのみでできていますが柔らかく舌に当てても全然痛くありません。
またシンプルな作りなためお手入れも楽で、通常の舌ブラシよりも衛生的に長く使えます。

歯磨き終わってもなんだかスッキリしない方、
舌ブラシ昔使っていたけど、おえっとする感じが嫌で挫折した方、
そんな方に是非一度使ってみていただきたいです。

待合室のグッズコーナーに置いてありますのでぜひチェックしてみてください。

小塙

免疫力

疲れたときや体調が悪い時にお口の中に違和感を感じたことはありませんか?
疲れやストレス、体調が悪い時などは免疫力が低下します。免疫力が低下することにより口の中の免疫作用が働きにくくなり歯周病菌が増加するそうです。しっかり磨けていてもお口の中に違和感がでるのは免疫力低下によるものかもしれません。
免疫力は20歳くらいがピークで、その後は少しずつ低下していくそうです。また、生活習慣の悪化やストレスでも免疫力は低下します。
免疫力を高めるためには、1バランスの良い食事、2適度な運動、3睡眠をきちんととる、4ストレスをためないことだそうです。
一度にすべてを改善するのはなかなか難しそうですが、できそうなことだけでも改善して免疫力をアップすることでも歯周病予防につながるかと思います。
もちろん毎日の歯磨きは重要になりますので、免疫力も高めて歯周病を予防していきましょう。

白田

梅雨入りしましたね。

ジメジメした日が苦手な私は この時期とても憂鬱です。
そんな気分を吹き飛ばすために 何か楽しいことにチャレンジしてみようかと思っています。

日本は高齢社会となり 2025年には65歳以上の高齢者が約3600万人になると予測されています。

今後も ますます出生率は低下して少子化が進み 日本の人口の減少が続くなど社会は大きく変化していきます。
またAI(人工知能)の進化でいろいろなロボットが活躍の場を広げ 介護ロボット コミュニケーションロボットなどが看護や介護にも大きく関わってくると言われています。

日本は世界一の長寿国ですが 介護が必要なく自立して元気に過ごせる期間の「健康寿命」を延ばせることが課題とされています。
そのために 生活習慣病の予防や心の健康、がん予防 運動や身体を動かすことの推進 食生活の見直しなどいろいろな分野での改善が掲げられています。

健康寿命のために
1 栄養(食・口腔機能)
2身体活動(運動・社会活動)
3社会参加(就労・余暇の過ごし方・ボランティアなどの社会貢献)
が 挙げられています。

高齢者の誤嚥性肺炎や糖尿病等を例にして、多くの疾患と口腔疾患が関連することが示されており生涯を通じた歯科健診が重要であると言われています。

訪問歯科でも歯科健診ができますので ご相談いただければと存じます。
   
              茂垣

100円ショップ

私はお休みの日によく100円ショップに行くのですが年々アイテム数も増えている気がして、この商品が100円で買えるの⁉とびっくりしたり、日常で使える便利グッズがたくさん売っているのでどれだけ見ていても飽きないです。
私の住んでいる町にも、100円ショップが5ヶ所あって人気が高いんだなと思います。

最近、コンビニにも100円ショップの商品が置かれるようになってスゴイなと思っていましたが、コンビニの一角のスペースに置ける商品は限られていて、コンビニで買わなくても100円ショップに行ったほうが品揃えが豊富だしコンビニで買うのはやめようと思っていました。

しかし!!
昨日、100円ショップが閉まっている時間に欲しい物があってコンビニの100均コーナーにあるかな~あったらラッキーだな~と思って行ってみたら…ありました!
こういう時コンビニの24時間営業は大変ありがたいですし、コンビニで100均商品を取り扱うようにしてくださった企業の方々のアイディアや努力のおかげで、私は昨日買い物が出来たんだと感謝しました。

皆さんもコンビニの100均コーナーをチェックしてみてください。
きっと、コンビニに置いてくれてよかったと思うときが来ると思います。

大島

抜歯後の治療について

こんにちは、歯科衛生士の廣田です🌼

抜歯後治療せずそのままにしてしまうと様々な弊害が出てきます。
確かに、歯を抜いてそのままにしておいても痛みや腫れがでるわけではありません☹
お口を大きく開けなければ見た目に違和感もなく、食事や会話も不自由しないかもしれません。
ですが徐々にバランスが崩れてお口の中全体を悪化させてしまう可能性があります。

機能的な面では咬み合わせが変化したり、他の歯にかかる負担が大きくなったりします。
見た目的な面では歯ぐきの位置が下がったり、シワの原因にもなる可能性があります。

また、咬み合わせの変化により食べ物を上手く咀嚼できない状態が長く続くと胃腸にも
負担がかかってしまいます☹

主な治療方法は
①ブリッジ ②義歯(入れ歯) ③インプラント などがあります。

お気軽にご相談ください☺

お口の周りの筋肉について

こんにちは、毎日マスクが手放せない日々が続いておりますが、暑くなってきてマスクも辛くなってきました。

マスク生活により、口元を見せる事が少なくなった今、お子様はお口がポカンとなり、口呼吸による歯並びの不正や、大人は加齢と共に口の周りの筋肉もたるみがでてきます。

いつかマスクが外せて、思いっきり口元を見せられる日のために、歯を治している方もいらっしゃると思いますが、顔の筋肉も同時に鍛える事で、表情も変わってきます。

食べる・話す・呼吸をする大切なお口の回りの筋肉を「口輪筋(こうりんきん)」といいます。

口輪筋とは、唇の周りを囲んでいる筋肉で、唇を閉じたりすぼめたりするときに使います。意識しないと動かすことが少ないため、衰えてくると口角が下がるなどお顔の印象も変わります。また、口輪筋を鍛えることは体の健康とも関係があるんです。

口輪筋が弱くなると唇を閉じる力が弱くなり、気管に食べ物が入るなど高齢者は特に誤飲につながることもあります。また、口呼吸をすることにもつながり、ウィルスや細菌が直接のどへと入りやすくなってしまいます。

口輪筋のストレッチは、テレビなどを見ながらでも簡単にでき、口の中で舌を回すことも口輪筋ストレッチになります。これ、しっかりやるとけっこう疲れるんです。

そして、風船は遊ぶものだけではなく風船を膨らます事も立派な口輪筋トレーニングになります。

また、顔の筋肉は、頭や首の筋肉とつながっていますので、時折り上を向いて首の前部分を伸ばしたり、頭皮マッサージしたり、血流を良くしてあげることも大切です。

口輪筋は、唇を閉じたりすぼめたりするのに大切な筋肉。体の健康と豊かな表情で毎日を楽しむために適度に鍛えてみるのもよいですね。

女性は特に口元のたるみは気になりますよね。私も加齢と共に気になりますし、口元を見せない生活の為、口紅やグロスなどを全く使用していないので、早く使用して、口輪筋を鍛えて笑顔で口角をあげていきたいです^_^ 渡邉ゆきえ

硬い物のお話。

こんにちは。歯科衛生士の佐山です。

子どもの頃、大人に硬い物をよく食べましょうと
言われた記憶があるかと思います。

成長期の顎の発達には、硬い物や歯ごたえのあるものを食べて
よく噛むことが良いとされています。
当院に来院される、子どもの歯並びが気になる親御さんにも
よくお伝えしていることです。

しかし、顎の発達しきった大人が硬い物や歯ごたえのあるものを
頻回食べ続けると、思わぬリスクが生じます。

例えば、歯が欠けてしまったり、元々弱っていた歯の根っこが割れてしまったり、、
あとは歯の根元が削れてきたり、噛みすぎにより痛みが出たりなどです。

当院でお伝えしている気を付けてほしいものは、
干しイモ、スルメ、フランスパン、干しホタテ、硬い豆類、
硬いせんべい、軟骨、砂肝、煮干し、氷、あめ、漬物 です。

定期検診に来ている方の中にも、
健康のために硬い物を召し上がっている方もいらっしゃります。

ゼロにしなくても大丈夫ですので、
数と頻度に気を付けて、楽しく食事ができればと思います。

過去のブログを見るにはこちらをクリック

アーカイブ

2022年7月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031




医療連携医院

PAGE TOP