歯科金属アレルギー

虫歯になった場所や大きさによっては、型を取って詰め物が必要になることがあります。
主に保検治療で使われる『銀歯』は、純然たる銀ではありません。主成分は銀50%、金12%、銅16%、パラジウム20%、亜鉛・スズ2%などです。
パラジウムという金属は約15%の人にアレルギー陽性反応が出るという報告もあります。

金属アレルギーというと、ネックレスやピアスが肌に合わず、皮膚が赤くなることをイメージする方も多いかと思います。
歯科にも銀歯などの金属によってアレルギー反応がでる方もいらっしゃいます。

歯科金属アレルギーは、口内炎ができたり舌がピリピリ痛みがでる場合もありますが、全身の皮膚に発症することが多いです。なぜ全身にみられるかというと、口腔内の金属が腐食し金属イオンが溶け出して粘膜などを通し身体の中に吸収されます。吸収された金属イオンは血液によって全身に運ばれてしまうのです。なので、口腔から離れた首や手のひら、足などに皮膚炎や湿疹などが出るのです。
歯科金属アレルギーが起きていることを知らずに過ごされる方もいらっしゃいます。
花粉症と同じで、長年体内に蓄積され、ある日突然発症することがあります。

もし歯科金属アレルギーかもと気になる症状がある方はご相談ください。
虫歯などを治療する際には、詰め物やかぶせ物にも色々な種類があります。金属のタイプやメタルフリーのタイプなどとそれぞれの長所短所がありますので、それぞれの特徴をお伝えしながら相談させていただいております。
歯科治療を通して、健康増進へのお手伝いができればと思います。

糸井

ルシェロ white

 皆さんは、ご自身の歯のくすみや黄ばみ、着色(ステイン)が 気になった事はありませんか?
 普段からコーヒーや紅茶などをよく飲む人、タバコのヤニが気になる人にお勧めの歯磨き粉『ルシェロ歯磨きペースト ホワイト』が当院から間もなく販売されます。
 私もコーヒーが好きでよく飲むので、ステインが気になることがあります。 そこで一足先にこの『ルシェロ white』を2週間使ってみました。もちろん変化を確認するため使用前後の口腔内写真もしっかり撮影し比較しました。
上の前歯にうっすら着いていたステインがとれ、自然な白さを得ることが出来ました!
 販売されましたらまた詳しくご紹介させていただきます。

もし歯を失ってしまったら 

もし歯を失ってしまったら歯を補う治療が必要になります。
抜けたままにしてしまうと噛み合う歯が伸びてきてしまったり、隣の歯が傾いてきたり、お口全体のバランスが崩れ様々な障害が現れてきます。

例えば 咬み合わせが乱れ食べずらくなったり、
歯との間に食べかすがたまり、虫歯や歯周病がひどくなってしまったり、
他の歯の負担が増え 歯が破折してしまうという可能性もあります。

現在失ってしまった部分を人工的な歯で補う治療には
ブリッジ、入れ歯、インプラントの3種類があります。
今回はそれぞれの治療方法の違いや特徴についてお話をしたいと思います。

1,ブリッジについて
ブリッジとは歯のない部分の両隣の歯を削り、連結した形の冠を被せる方法です。
治療期間が短く、固定式で違和感が少ないのが利点です。
欠点としては両隣の歯を土台とするため、虫歯でない歯を削る必要があります。
また、両隣の歯に負担がかかってしまい将来破折してしまうという可能性も少々あります。
※土台となる歯の状態によってはブリッジができないケースもあります。

2,入れ歯について
入れ歯がどんなものか想像できる方は多いかもしれません。
取り外しできるため清掃がしやすく、隣の歯を削る必要がありません。
ですが、異物感が大きく 人によってはストレスに感じるかもしれません。
また噛む力は天然の歯と比べ15%とも言われています。

3、インプラントについて
インプラントは手術によって人工の根を骨に埋め込み、その上に人工の歯を固定する方法です。
隣の歯に負担をかけたり、削ったりすることがなく、固定式で違和感がないのが利点です。
欠点としては保険で治療ができないこと、治療期間が長くかかってしまう事などがあげられます。
※骨の状態や全身の状態よってはできない場合もあります。

この大きく分けて3つの方法の中にも
保険適用のもの、保険適用外のものと様々な種類があります。
さらに詳しいお話など、もしご興味がありましたらお気軽にお声がけください。

小塙

歯周病と誤嚥性肺炎の関係,その予防法について

こんにちは。訪問歯科医の枝村です。今回は歯周病と誤嚥性肺炎及びその予防法について説明します。歯周病とは、歯の周りの骨の病気で、毎日の歯磨きを怠ると、細菌【プラーク】が歯と歯ぐきの境目について炎症を起こし、周りの骨を溶かしていき、最後には、歯が抜けてしまいます。これは毎日の歯磨きにより、プラークを除去して防ぎます。一方、誤嚥性肺炎は、口腔内のプラークが誤って肺に侵入し炎症を起こします。口腔内のプラークが少なければ、歯周病と誤嚥性肺炎どちらも予防出来ます。ただ、プラークを放置すると徐々に固くなっていき、歯石になって、歯ブラシでは除去出来なくなってしまいます。こうなると、歯科医や歯科衛生士が歯石を取る、ということになります。寝たきりの方や車椅子等で生活されている方は、歯科医や歯科衛生士が、自宅や施設に赴き、歯周病の治療が可能となります。今、よく報道されている、新型コロナも、口腔内のプラークがその侵入を手助けしているとの報告もあります。口腔内はいつも綺麗にしておくことが、望ましいでしょう。

審美歯科

こんにちは。菊池です。
今回、こちらに勤務してから初めてブログを書くことになります。よろしくお願いします。

さて、今回は審美歯科についてお話していきたいと思います。
審美歯科とは、機能的に優れた美しい歯並びと、歯そのものの色彩や形態などを美しくし、口元との調和を図ることを目的とし、歯を白く美しくするとともに、歯肉なども含めた健康で美しい口腔内環境を作るための治療です。

具体的な内容としては、歯列矯正、ホワイトニング、オールセラミック、セラミックインレー、ラミネートべニア、ダイレクトボンディングなどです。

これらの治療によって、歯をきれいに美しくし、歯茎や他の歯とのバランスを整えるということは口元の美しさを高めるだけでなく、メンタル面でも良好な効果をもたらすとされています。
口元に自信がなく、歯を見せて笑えない、笑う時に無意識に口元に手を当ててしまうといったことが、治療により自信をもてるようになり、会話が楽しくなったりします。こうしたことによりポジティブになれる効果も期待でき、その人の印象も大きく変わるかと思います。

しかし、審美歯科は一般歯科とは違い保険が適用にならないため、費用がかかります。また、症例によっては適応されない場合もあります。

当院では、患者様の口腔内の状態や、ご要望を伺った上で最適な治療方法を提案してから治療をしていきます。
また、年に数回ですがホワイトニングのキャンペーンを実施しております。

もし、ご自身の歯や口元の見た目を変えたい、美しくなりたい等お考えでしたら、まずはお気軽にご相談下さい。
お待ちしております。

菊池

歯周病について

こんにちは塩野谷です!

みなさん歯周病という言葉をよく聞いた事があると思います。日本では40歳以上の8割が歯周病になっているといわれています!歯周病は日々の生活習慣と大きく関係しているため生活習慣病の1つと考えられています。
生活習慣病の中の糖尿病と歯周病の関連性についてお話ししたいと思います!
糖尿病と歯周病はお互いに影響を及ぼす関係性にあり歯周病になると歯周ポケットから血液中に放出された炎症性物質によりインスリンが効きにくくなり糖尿病が進行しやすくなります。
一見似ても似つかないと思いますが「炎症を起こす」という点で共通しています。歯周病の炎症がめぐって血糖のコントロールをじゃましているので歯周病の炎症が改善されていけば血糖値も改善されていくと思います!
それほど歯周病は体に与える影響がたくさんあります!
ぜひ歯周病治療をしてお口から健康になりましょう!!

虫歯予防

今回のテーマは虫歯予防ということで、歯磨き粉についてお話ししたいと思います。
歯磨き粉にフッ素が入っているものが多いかと思います。
しかし、フッ素入りの歯磨き粉を使用した後お水でたくさんうがいしてはいませんか?
何回もうがいをしてしまうとフッ素が作用する前に流れてしまいます。
理想的な使用方法としては、
①ブラッシング後、歯磨き粉を吐き出す。
②大さじスプーン1杯(ペットボトルキャップ2杯分)の水で1度だけ口をすすぐ。
と言われています。
うがいしないと気持ち悪いようなら、しっかりすすいだ後、フッ素のジェルを併用していただくのも効果的です。
フッ素ジェルを使用したあともうがいしないほうが効果的です。

当院では虫歯予防に特化した歯磨き粉として、check-upシリーズを販売しております。待合室で紹介してますので来院した際は、ご覧ください。
フッ素濃度や味が違いますので、気になる事があれば、スタッフにお声がけください!
白田

虫歯のはじまりと唾液の働き

こんにちは。
三村です。

今回は、虫歯のはじまりと唾液の働きについてお話をさせて頂きたいと思います。
Q:虫はどうしてできるのか?
A:歯に付着している歯垢の中にいる虫歯菌が、食べ物から栄養を取り糖を分解して酸を作ります。
  この酸によって歯の表面からミネラルが溶け出してしまい、歯を溶かしてしまいます。これが虫歯のはじまりです。

初期の虫歯は脱灰し白濁から始まります。ここまでは削って治療しなくても大丈夫です。
白濁してしまった所は崩れやすい状態になっていますが、フッ素を塗布することで歯を強くし再石灰化を促進させ
虫歯菌を抑制することができます。

プラスで大切なのが、唾液の働きです。
唾液には、酸を中和する働きや、酸によって溶かされたミネラル成分をもとに戻す働きがあります。
この働きが、溶かされる成分量に追いつかないと、虫歯になってしまいます。
口腔内が汚れていると虫歯の原因にもなりますし、唾液腺を詰まらせる原因にもなりますので、毎日のケア(歯ブラシ)が大切になります。
よって、唾液の量が多い方が虫歯になりにくいという事になります。

唾液は他にも消化作用・免疫作用・抗菌作用・自浄作用・緩衝作用・保護作用などとても重要な役割をもっています。
よく噛むことで、唾液の分泌量が増えるので、ゆっくりとよく噛んでお食事をされることをオススメいたします。

笑う事。

先日誕生日を迎えました♬.*゚

今年も院長はじめ、スタッフの皆さんに
お祝いをして頂きました(^O^)

私はスニーカーが大好きでたくさん持っていて、
でも汚れてしまっても水でゴシゴシ洗うのは
少し抵抗がありました。。

その時ネットで見つけた洗い流さないで
靴を綺麗にできる!というもの!
プレゼントにはこちらをリクエストさせて
いただき早速試したところすごく
きれいになり感動しました( ˙ᵕ˙ )

お誕生日は何度お祝いされても
嬉しいものです♬.*゚

今はマスク生活が当たり前。。
嬉し事楽しい事があっても大声で笑ったり、
歯を見せて笑う事はできなくなってしまいました。

マスクが取れる日を願って。。
笑う事と歯について少しお話できたらと思います。

笑顔だと認識されるためには歯を見せて、
目尻が下がっている状態です。
ただしお口に関する不安があれば、
歯を見せて笑うことに抵抗がありますよね。
自分では笑顔だと思っていても、歯が見えない
だけで作り笑いのようになってしまうのは
もったいないですよね。

お口の不安は人それぞれ。。。
「食べる」「笑う」「話をする」はお口の状態に
より楽しめるかどうかも変わってきます!
個々で悩みはあるかと思います。

痛みがないからいいや!ではなく
できることから予防できることから
始めましょう!
予防のためにも歯科医院で検診を
受けることをオススメいたします(^O^)

助川

舌ブラシリニューアル

こんにちは大島です。
皆さん歯磨きは毎日されていると思いますが、毎日舌も磨いていますか?
歯磨きをして、フロスや歯間ブラシで歯と歯の間の清掃をして、デンタルリンスで洗口をしてバッチリと思っている方も少なくないのかなと思います。
ご自身の舌を鏡で見ていますか?
舌も忘れないでください!

患者様の中には口臭を訴えられる方も多いです。
口臭は舌についた汚れ舌苔(ぜったい)が主な原因と言われています。
通常の舌の表面は薄いピンク色をしていますが、舌苔は白い苔のようなものが付着している状態です。
まず鏡で舌の観察してみてください。

舌掃除のポイントとして、
1日1回、舌苔の付着量が多い朝に行いましょう。
鏡を見ながら行いましょう。
舌ブラシは舌の奥から手前に動かしましょう。
軽い力でこすりましょう。
できるだけ舌を前に出しましょう。

この度、医院で取り扱う舌ブラシが新しくなりました!
舌ブラシと言っていますがブラシがついていません。
クリーナーの部分は超ソフト樹脂仕様で、両サイドの先端部分がシャープとソフトの2通りに加工されており、お好みで使い分けすることができます。
ブラシではないので衛生的で、携帯ケース付きなので持ち運びにも便利です。
ブラシがついていないので綺麗に舌苔が取れるか不安でしたが、使ってみるととても綺麗になりますし、舌磨きでオエっとなりやすい私が舌の奥に入れてもオエっとならずに掃除できました!
皆様にもぜひ使っていただきたいです。

過去のブログを見るにはこちらをクリック

アーカイブ

2021年5月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  




医療連携医院

PAGE TOP