ブログ

根菅治療

前回、抜髄について紹介しましたので、
今回は根菅治療について書きたいと思います。

抜髄治療で、歯根の中にある神経を取ったあとは、炎症を起こしている歯根の中や根の先の膿をキレイにするための根菅治療を行います。

目に見えない歯根の中を治療しますので、時間や回数がかかる場合もありますが、この根菅治療をきちんと行うかで、その歯の予後が変わってきます。

抜髄することで、それまでの痛みが和らぎます。
ですが、根菅治療の途中で治療を中断してしまうと…また感染を起こし痛みが出てしまう、気づかない内に虫歯が進行する、根が割れてしまうなど…場合によっては歯を残すことが難しくなってしまうことがあります。

同じ歯の治療で数回通院することは大変なことだと思います。治療が終わった後にその歯が長持ちして、快適に美味しく食事を取っていただけるように、私自身もお手伝いができたらと思います。

糸井

関連記事

  1. 寒暖差10月突入
  2. 来週!
  3. プラークコントロールの大切について
  4. みんなで。
  5. ポカポカ☆
  6. ぶどうを…
  7. チューリップ
  8. 二科展&ピザ
過去のブログを見るにはこちらをクリック

アーカイブ





医療連携医院

PAGE TOP