ブログ

1本の歯

みなさんは歯が全部で何本あるか知っていますか?
お口の中には28本の歯があります!(上下左右の親知らずを含めると32本)
その28本あるうちの1本の歯が無くなってしまった時、「まあ1本くらいなくなっても他の歯で噛めるし・・・」と思う方もいるかもしれません。
今回は、歯が1本なくなってしまった時に起こりうるリスクについてお話したいと思います。
 
【歯並びの変化】
歯は上下で咬み合っていてさらに左右の歯と支え合っています。そうする事で歯としての機能を果たしています。ですがもし下の歯1本が無くなってしまったらその上の歯は咬み合う歯が無くなってしまい、左右の歯は支え合っていた歯が無くなってしまいます。すると咬み合う歯が無くなってしまった上の歯は下にのびてきて、支え合う歯が無くなってしまった左右の歯は横に倒れてきてしまいます。そうなると他の歯の間にも隙間ができて結果歯全体が動いてしまい、歯並びの変化につながります。
 
【虫歯や歯周病のリスクが高まる】
歯が無くなってしまえば当然そこに隙間ができ汚れが溜まりやすくなります。隙間の形は歯磨きのしやすさにも大きく影響します。歯磨きがきちんとできなくなれば、その部位の歯茎が腫れて歯周病になるだけでなく、むし歯のリスクも上がってしまいます。
  
このように、1本歯を失うということはお口の中全体に影響を与えるということなのです!
そのような影響を減らすためにブリッジや、インプラント、入れ歯などの『補綴物』があります。
補綴物にも様々な種類がありますので気になった方はぜひスタッフまでお声がけください!
 
黒子

関連記事

  1. あけましておめでとうございます
  2. 寒い( •﹏• )
  3. 訪問歯科
  4. 嚙む力と心臓病、脳卒中の関係、ならないようにするには
  5. BBQ
  6. ステーキ🍖
  7. 人生100年時代
  8. こんにちは、墨谷です。
過去のブログを見るにはこちらをクリック

アーカイブ





医療連携医院

PAGE TOP