ブログ

虫歯

 虫歯は、歯垢(プラーク)の中にいる虫歯菌(ミュータンス菌など)が酸を出し歯を溶かすことで起きる病気です。虫歯菌は糖分を餌にして活発に働いて歯垢を作るため、甘い物をよく食べれば虫歯になりやすくなります。その他にも、食事の回数•口腔内の清掃状態•歯並び•細菌の数•唾液の質や量などさまざまな原因によって生じます。
 虫歯になりやすい場所は、歯と歯の間や歯の根元、治療した詰め物と歯の隙間があげられます。治療して詰め物をした歯は虫歯にならないと思っているのは間違いです。詰め物は人工物なので年数が経過すれば劣化し、人工物と歯との境目より隙間ができ細菌が侵入してしまいます。
 保険で使われるプラスチックや銀歯は安価で治療できますが、歯垢をよせつけやすく劣化もしやすいため、虫歯の再発率が高くなります。保険外にはなりますが審美性と耐久性を兼ね備えたセラミックの場合、材質が劣化しにくく歯との馴染みもよいので、歯垢をよせつけにくく虫歯の再発率も低くなります。
 初期の虫歯は自覚症状を感じません。また、詰め物や被せ物の中の虫歯は自分では気づきにくいです。
 ご自身のお口の健康を守るためにも定期的に検診を受けることをおすすめいたします。

                         角川

関連記事

  1. インプラント学会
  2. 日光かき氷
  3. スカイロッジ
  4. セミナー
  5. 歯周病について
過去のブログを見るにはこちらをクリック

アーカイブ





医療連携医院

PAGE TOP