ブログ

妊娠中の治療

こんにちは。三村です。

今回は妊娠中の虫歯な治療についてお伝えしていきたいと思います。
妊娠中でも虫歯の治療は行えますが、安心して治療していただくためには妊娠中期(5ヶ月~8か月)がもっとも安心して治療を受けていただけます。理想としては妊娠後期前までには虫歯・歯周病などの治療を済ませておくことをお勧めしています。
産後は育児や家事におわれ、治療する時間が取れず症状が悪化する可能性があるからです。

妊娠中の歯科治療でもっとも気になるのが「レントゲン撮れるの?」「麻酔はできるの?」
「お薬(痛み止めなど)は飲んで良いの?」などがあります。

レントゲン撮影は、首から上の撮影ですし、防護エプロンを着用しますので影響はないと言われています。当院は、放射線被爆量が非常に微量なデジタルレントゲンを導入しているのでさらに安心していただけます。

麻酔については、歯科でおこなう麻酔は「局所麻酔」であるため体への影響は問題ないと言われています。妊娠初期、後期は身体へのストレスを極力避けた方がよいので、麻酔を使用する処置は妊娠中期に行いましょう。

お薬については、極力お薬の処方は致しません。しかし、我慢ができないほどの痛みや、お薬を使用しないことが母体に悪影響と考えられる場合は産婦人科の先生に相談の上、お薬を処方する場合もあります。

妊娠中の方にも安心してご来院していただけるよう細心の注意をし治療をおこなっております。
ご質問などございましたら当医院までお問い合わせいただければと思います。

関連記事

  1. ふわふわ!
  2. インプラントセミナー
  3. これから!!
  4. 歯ぎしり
  5. GW…
  6. 墨谷(み)よりご報告です。
  7. 誕生日☆
  8. ぶどうを…
過去のブログを見るにはこちらをクリック

アーカイブ





医療連携医院

PAGE TOP