ブログ

歯科と認知症

こんにちは。
今回は歯科と認知症の関係について
お話させていただきます。(^-^)

日本では、三年後には65歳以上の5人に1人が
認知症になると言われています。

様々な種類がありますが、代表的なものは
アルツハイマー型認知症です。
全体の半数を占めています。(*_*)

認知症は歯周病菌との関連もあり、よく噛むと認知症予防になるとも
言われています。
残っている歯が少なくても
入れ歯やインプラントなどで噛む機能を回復させれば、
゛噛める゛ようになりますので、
噛める歯があるということはとても重要になります。

もちろん噛めることは重要ですが、
食事を問題なく食べられる力があることが大切です。

歯を残すために根本となる虫歯や歯周病の予防、

歯がないところに対してのアプローチが必要であれば、
早期に行っていった方が
他の歯への負担は少なくなるので、
ぜひお気軽に当院にご相談ください。(^-^)

佐山

関連記事

  1. セミナー参加
  2. もうすぐ….。
  3. ぶんぶんチョッパー
  4. 映画
  5. 3月♬
過去のブログを見るにはこちらをクリック

アーカイブ





医療連携医院

PAGE TOP