ブログ

虫歯予防

虫歯の予防にはフッ素による歯質強化と食生活の改善による虫歯を作らないことが有効といわれています。
丈夫な歯質をつくるためには、カルシウムだけではなくマグネシウムとビタミンⅮの摂取を意識するといいそうです。
マグネシウムはカルシウムが歯や骨に沈着するのを調整します。ビタミンⅮはカルシウムを活性化する働きがあります。
加工食品などに含まれる食品添加物は体内でカルシウムやマグネシウムなどのミネラルとくっつき歯や骨に沈着する前に体外へ排出されてしまいます。
できるだけ添加物の摂取を避けるとともに、ミネラルが豊富な食品を多くとるように心がけるのがいいようです。砂糖の摂取量は気を付けている方が多いと思いますが、添加物にも気を付けていきたいですね。
マグネシウムは、経皮吸収できるので入浴剤代わりにエプソムソルト(硫酸マグネシウム)浴でマグネシウム不足を補うのも効果があるようです。
ビタミンⅮは、日光浴でもいいようです。
砂糖の摂取量だけでなく、栄養面でも歯質強化につながるそうなので、取り入れられそうなことからはじめてみましょう。

関連記事

  1. 墨谷です♪
  2. はじめまして
  3. プラークコントロールの大切について
  4. リラックス
  5. 遠島の訪問blog🎵
過去のブログを見るにはこちらをクリック

アーカイブ





医療連携医院

PAGE TOP