ブログ

妊娠中の口腔内と産後の母子感染。

こんにちは。
三村です。

今回は妊娠中の口腔内と母子感染についてお伝えしていきます。

妊娠中は女性ホルモンの変化により歯肉に炎症が起きやすかったり、つわりの影響で歯磨きが不十分になりやすく不衛生になりがちです。
もともと歯周病がある方は悪化してしまうリスクがたかまります。歯周病菌によって早産や低体重児出産の確率が高くなると報告されていますので注意が必要です。

産後のに注意していただきたいのが、母子感染です。
虫歯は感染する病気です。
生まれたての赤ちゃんは虫歯菌はいませんが、生活の中で親や兄弟、祖父母など一緒に生活をしていれば同じコップやお箸など共有してしまう事は避けられません。
このような外的要因によって感染してしまう事があります。
特に1歳7ヶ月〜2歳7ヶ月の1年間が感染の危険性が高いとされています。

新しい家族を迎える前に家族全員で口腔内を健康にし、次の世代に感染させないことが最も重要だと思います。

関連記事

  1. 551 豚饅
  2. 祖母
  3. 芋煮会
  4. 明けましておめでとうございます
  5. 歯周病
  6. 夏のイベント☆
  7. 美味しい食べ物♬
過去のブログを見るにはこちらをクリック

アーカイブ





医療連携医院

PAGE TOP