ブログ

入れ歯のお手入れ

訪問歯科でよく 入れ歯を入れたまま歯磨きをしている方を目にします。
歯みがきをする時には 入れ歯は外して行いましょう。
外した入れ歯を歯みがき粉で洗う方がいらっしゃいますが、この方法は逆に入れ歯をいためることになりますので歯みがき粉は使用しない方が良いです。
普通の歯磨き粉には研磨剤が含まれています。研磨剤は歯をツルツルに磨きあげるためのものですが、入れ歯は天然の歯よりもやわらかい素材で作られています。
その為研磨剤で磨くと表面が傷がついてしまうのです。
しかも研磨剤によって傷ついた入れ歯の表面には カビや細菌が繁殖しやすくなります。よく洗っていても不衛生になってしまいます。
カビや細菌は全身の健康に悪影響を及ぼすと言われています。
高齢者の方の誤燕性肺炎の原因の一つが、口の中のカビや細菌にあるとも言われています。
入れ歯には 研磨剤の入っていない入れ歯専用の洗浄剤をお使いください。

入れ歯を外してご自分の歯やお口の中をキレイにして その歯ブラシで入れ歯を洗浄する方もみられます。
ご自分の歯ブラシではなく 専用の義歯用ブラシを使うようにしましょう。
通常の歯ブラシより毛先が硬く、持ち手の部分も太くて掴みやすいので力を入れ磨きやすいです。
硬さやサイズが異なる2種類の毛がついているものが多く、入れ歯の細かい部分も綺麗にみがけるようになっています。

当院でもお取り扱いがありますので ぜひご相談ください。     
              茂垣

関連記事

  1. こんにちは、墨谷です。
  2. 硬いもの
  3. 墨谷です!
  4. 誤嚥性肺炎と口腔内衛生
  5. 起き抜け歯磨き
  6. 誕生日☆
  7. 三村です。
過去のブログを見るにはこちらをクリック

アーカイブ





医療連携医院

PAGE TOP